バンダイナムコエンターテインメント(BNE)は2017年9月21日、「PlayStation(PS) VR」用ゲーム『サマーレッスン』の紹介イベント「サマーレッスン 生徒3人そろったよ! 新レッスンおひろめステージ」を「東京ゲームショウ2017(TGS2017)」の同社ブースで開催した。イベントでは3人目の新ヒロインである「新城ちさと」の長編PVが初めて公開された。加えて、『サマーレッスン:新城ちさと』を試遊する様子を見せた。

先生の皆さん、サマーレッスンのお時間ですよ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
左から、BNE「サマーレッスン」プロデューサー・ディレクターの玉置絢氏、クリエイティブプロデューサーの原田勝弘氏、宮本ひかり役の田毎なつみさん、アリソン・スノウ役の阿部里果さん、新城ちさと役の畑中万理江さん。右側の黄色いTシャツを着た男性たちは、お笑い芸人のパンサーさん

 サマーレッスンはVR空間内で、女子高生に勉強を教えたり、金髪の外国人に日本文化を伝えたりするゲームである。これまで、サマーレッスンでは、明るく人懐っこい性格の女子高生の宮本ひかり(第1作)、物静かで包容力があるアリソン・スノウ(第2作)といったキャラクターが登場してきた。今回、第1作の発売から約1年が経過し、「新鮮な体験を提供したい」(サマーレッスン プロデューサー・ディレクターの玉置絢氏)として、今までと違う強気な性格でワガママなお嬢様の新城ちさとを投入したという。

先生の皆さん、サマーレッスンのお時間ですよ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新ヒロインの新城ちさと。強気な目尻に、泣きぼくろが特徴(画像:バンダイナムコエンターテインメント)

 ステージには、宮本ひかり役の田毎なつみさんやアリソン・スノウ役の阿部里果さん、新城ちさと役の畑中万理江さんなど、主要キャラクターの声優さんが登壇。サマーレッスン クリエイティブプロデューサーの原田勝弘氏や、プロデューサー・ディレクターの玉置絢氏といった開発陣と共に、開発時のエピソードや苦労などを語り、イベントを盛り上げた。新キャラクターである新城ちさとは、現代知識や流行の遊びに疎いというお嬢様、という設定。ゲーム中では、「驚き」と「フシギさ」を強調した各種イベントが発生するという。

先生の皆さん、サマーレッスンのお時間ですよ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
歴代ヒロインの特徴を紹介
先生の皆さん、サマーレッスンのお時間ですよ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
開発時のエピソードを語る新城ちさと役の畑中万理江さん。声をあてるだけでなく、モーションキャプチャーで、ちさとの表情や態度の演技も行ったという

 最後にBNEの原田氏は「我々もそうだが、ゲーム業界全体で、(VRゲームを)制作する人たちのスキルが向上しており、VRコンテンツのレベルが上がっている」と述べ、今まで以上にVRコンテンツが発展していく可能性を示した。

 なお、『サマーレッスン:新城ちさと 七曜のエチュード(基本ゲームパック)』の価格は2759円(税抜)、『サマーレッスン:新城ちさと デラックス版』が7704円(税抜)である。2017年10月12日に発売される。

(文/野々村洸=日経テクノロジーオンライン、写真/中村宏)