スクウェア・エニックスブースでは、来年1月11日に発売を予定している『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のスペシャルステージが行われた。

スクウェア・エニックスブースのメインステージ
スクウェア・エニックスブースのメインステージ
[画像のクリックで拡大表示]

 イベントには、本タイトルのプロデューサーである間一朗氏、ディレクターの鯨岡雄生氏が登壇し、ゲームシステムなどの説明を行った。さらに、本タイトルで登場人物の声を担当している声優陣が登壇し、会場のボルテージは一気に加熱。

 ゲストとして登壇した声優陣は、FF7の主人公「クラウド」の声を担当する櫻井孝宏氏、FF8の主人公「スコール」の声を担当する石川英郎氏、FF10の主人公「ティーダ」の声を担当する森田成一氏。いずれのキャラクターも、初代プレイステーション以降のファイナルファンタジーシリーズの人気を支えた、野村哲也氏がデザインした主人公たちだ。

 FF7は発売から20年が経過しているが、キャラクターや世界観の人気は根強く、特に女子から支持が絶大だ。

登壇者の面々
登壇者の面々
[画像のクリックで拡大表示]

 また、アーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』の芦澤佳純さんも加わり、6人で本タイトルをプレイすることに。

芦澤佳純さんも加わった。公式プレイヤーだけあって腕前は期待できる
芦澤佳純さんも加わった。公式プレイヤーだけあって腕前は期待できる
[画像のクリックで拡大表示]

3人vs3人のパーティ型バトル開始

 実戦プレーは、本タイトルの真骨頂であるパーティープレー。最大で3人対3人でプレーできるので、敵味方に分かれての対戦だ。

パーティーはプロデューサーチーム(左)とディレクターチーム(右)で編成された
パーティーはプロデューサーチーム(左)とディレクターチーム(右)で編成された
[画像のクリックで拡大表示]
もちろん声優陣は、自分が声を担当しているキャラクターを選択。会場からファンのアツイ歓声が飛び交う
もちろん声優陣は、自分が声を担当しているキャラクターを選択。会場からファンのアツイ歓声が飛び交う
[画像のクリックで拡大表示]
作中のキメ台詞を生声で披露してファン(特に女子)が歓喜!
作中のキメ台詞を生声で披露してファン(特に女子)が歓喜!
[画像のクリックで拡大表示]
プレーが加熱しすぎて、つい素の自分を出してしまう声優陣
プレーが加熱しすぎて、つい素の自分を出してしまう声優陣
[画像のクリックで拡大表示]
2試合行われ、1勝1分けでディレクターチームの勝利に終わった
2試合行われ、1勝1分けでディレクターチームの勝利に終わった
[画像のクリックで拡大表示]

購入特典やアトラクション情報も!

 対戦プレイ終了後は、間プロデューサーと鯨岡ディレクターから各種追加情報の発表があった。

『FF15』の主人公ノクティスが、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』に登場することが発表された
『FF15』の主人公ノクティスが、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』に登場することが発表された
[画像のクリックで拡大表示]
また、本タイトルを購入した店舗ごとに特典が設定されることが明らかに
また、本タイトルを購入した店舗ごとに特典が設定されることが明らかに
[画像のクリックで拡大表示]

 本タイトルのキャラクターも登場する『ファイナルファンタジーXRライド』というアトラクションが来年1月19日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場する。間氏によると、ヘッドマウントディスプレイを装着してコースターに乗り、VRを駆使したアトラクションとのことで、現在調整中とのこと。

ただのVRアトラクションではないとのことだが…
ただのVRアトラクションではないとのことだが…
[画像のクリックで拡大表示]
スペシャルステージは、終始ファンが歓喜して大盛り上がりのうちに幕を閉じた
スペシャルステージは、終始ファンが歓喜して大盛り上がりのうちに幕を閉じた
[画像のクリックで拡大表示]
ちなみに、本タイトルの試遊コーナーはメインステージに向かって右側に設置されている
ちなみに、本タイトルの試遊コーナーはメインステージに向かって右側に設置されている
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/ナックル末吉、写真/酒井康治)

この記事をいいね!する