東京ゲームショウ2017(TGS2017)のスクウェア・エニックスブースでは、同社が来年発売を予定しているサバイバルアクションゲーム『LEFT ALIVE(レフト アライブ)』の開発秘話や最新画像を公開するトークイベントが開催された。

スクエニ新作『LEFT ALIVE』最新映像を公開【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
TGS2017の同ブースでは最初のイベントとなった

 本イベントには、同作のプロデューサーである橋本真司氏、キャラクターデザインの新川洋司氏、ディレクターの鍋島俊文氏が登壇した。

 橋本氏は「フロントミッション」シリーズの第1作から開発に携わり、本作ではプロデューサーを務めている。新川氏は「メタルギアソリッド」シリーズのキャラクターデザインを務めた人物で、本作では主要3キャラクターのデザインを担当。鍋島氏は「アーマードコア」シリーズの企画に携わり、本作ではディレクターを担当した。

 そんな新川氏と鍋島氏を、プロデュサーの橋本氏が本作のために口説き落として参加してもらったなどの開発秘話が明かされた。

 さらに、本作はジャンルこそ違えど、橋本氏が携わった「フロントミッション」シリーズの流れを汲むことも明かされ、シリーズのファンにとっては期待が膨らむばかりだ。

スクエニ新作『LEFT ALIVE』最新映像を公開【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
左から橋本氏、新川氏、鍋島氏
スクエニ新作『LEFT ALIVE』最新映像を公開【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
今回の主要3キャラクター。詳細は明らかになっていないが、女性キャラは元軍人で現在は婦人警官らしい。また新川氏いわく、左下のイケメンキャラのデザインが最も難しかったとのこと
スクエニ新作『LEFT ALIVE』最新映像を公開【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新川氏が描いたラフデザインも公開