東京ゲームショウ2017のスクウェア・エニックスブースは、「ファイナルファンタジー」シリーズを中心に各タイトルの試遊コーナーが、例年以上に盛り上がりをみせている。1人で遊ぶシングルプレーだけでなく、ブースに来場した人たちで協力プレーや対戦プレーが楽しめるタイトルが人気だ。

スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
東京ゲームショウ2017 「スクウェア・エニックス」ブース
スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
モーグリがお出迎えしてくれるメガシアターでは、各タイトルのプロモーションムービーが常時上映されている

来場客同士で対戦プレーも可能な試遊コーナー

 オンライン対戦が可能なタイトルの試遊コーナーでは、1人プレーのほかに、来場した見知らぬ人とパーティーを組んだり、対戦したりできる。

 歴代ファイナルファンタジーシリーズの主人公が登場するパーティー対戦型アクションゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー NT』は、来春リリースの注目タイトルだけあって、プレー希望者が長い列を作るほど。オンライン対戦では最大で6人までプレーが可能で、希望すれば、来場者している他の人と対戦プレーができるよう配慮されている。

スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『ディシディア ファイナルファンタジー NT』の試遊コーナー。「ファイナルファンタジー」シリーズの歴代主人公や主要キャラの中から選択してプレーする
スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『ファイナルファンタジーXV』の試遊コーナー。ディシディアに劣らぬ人気
スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『ファイナルファンタジー XIV』の試遊コーナーでは、4人対4人で対戦し、勝利者チームにはTGS2017オリジナルTシャツをプレゼントするイベントを開催

もちろんFF以外のタイトルも試遊可能

 発売日が目前に迫った『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30thANNIVERSARY』は、ボードゲームというジャンルにピッタリな、お茶の間を再現した試遊コーナーを設置。畳の上で4人までの対戦プレーが楽しめる。

スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
10月19日発売の『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30thANNIVERSARY』試遊コーナー

 スクウェア・エニックスパートナーズのタイトルである『PSYCHO BREAK 2』はサバイバルホラーというジャンルだけあって、密閉された特設ブースの中に試遊コーナーが設置されていた。

この中にどんな戦慄が待っているのだろうか…
この中にどんな戦慄が待っているのだろうか…
[画像のクリックで拡大表示]

遊び心満載の特設コーナーや注目イベントが目白押し

多くのビッグタイトルを擁する同社のブースは、発売が予定されているタイトルのコーナーが所狭しと設置されている。また、多数の観客を収容できるスペースを確保したメインステージでは、トークイベントが開催された。このメインステージでは、この後も一般デイまで盛りだくさんなイベントの開催が予定されている。

スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
来年2月に発売が予定されている『聖剣伝説2 SECRET of MANA』は、撮影コーナーを設置。巨大ラビと一緒に記念撮影した人にはラビサンバイザーをプレゼント
スクエニブースは今年も対戦プレーがアツイ!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
注目タイトルの開発秘話などが語られるトークイベントなどが目白押しのメインステージ

(文・写真/ナックル末吉)

■変更履歴
別ブースの写真が入っていたため削除しました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2017/09/22 17:15]