描くのも読むのもパッと読んで分からない漫画はイヤ

栗俣: 最近はどんな漫画にハマりました?

吉谷: 『メイドインアビス』はめちゃめちゃ好きですね。久々に漫画を読んで「冒険しているなあ」ってワクワクしました。漫画の王道を突き進みながらも、新しい表現もあって。素直に楽しんでます。あとは大相撲がテーマの『バチバチ』ですかね。

吉谷光平氏
吉谷光平氏
[画像のクリックで拡大表示]

栗俣: 王道が好きなんですね。

吉谷: 王道というか、パッと読んで分からない漫画は読まないですね。そこは自分が描く漫画と共通しているかもしれません。分かりやすくないとイヤという。

栗俣: 漫画は情報がスッと頭に入ってくる点で“時短ツール”だと思っているのですが、吉谷さんの漫画はそれがうまくできていますよね。人生を2ページで表現したりとか。しかも、伝えたいことがどの世代の人にも同じようにちゃんと伝わっている。漫画を読まないうちの上司でさえ知ってるんですよ。「あの、最後に死ぬやつだよね」って(笑)。

吉谷: そうであってほしいですね。昔、新人のころにある編集者に言われたんですよ。「あなたは読んでもらえると思って漫画を描いてるかもしれないけど、雑誌に載っている新人の漫画なんで誰も読まないよ。ページをめくってて思わず手が止まる、どこから見ても面白そうに見える漫画を描け」って。たしかに私も読者だったら新人の読み切りは読まない(笑)。そこから、インパクトのある絵もいるし、パッと読んで分かるものがいいと。それが今に生きていると思います。

栗俣: そうだったんですね! たしかに『今どきの若いモンは』の石沢課長を「カッコいい」って思わない人はいないですよね。そうじゃないと、クリックしないですもん。漫画を描くときにターゲットって考えているんですか? 

吉谷: 全然考えていません。ただ、『今どきの若いモンは』を始めるときは『男ってやつは』とは逆にキャラクターを意識しました。せっかく『男ってやつは』がたくさんの人に読まれたので、今度はキャラクターをしっかり立てて続き物にすることでファンを増やしたいなと。さらに、今後は単に“課長、カッコいい!”というオチだけでなく、部下の成長ぶりなど、ビジネスパーソンがグッと来るオチのバリエーションを作っていきたいなと思っています。

栗俣: ツイッターで漫画をアップし続けてきて、ヒットの法則みたいなものが見えてきたりはしないんですか?

吉谷: やっぱり「驚き」が大事だとは思います。『うらみちお兄さん』が分かりやすいですが、体操のお兄さんが言いそうにないことを言うと面白いですよね。みんなの共通の価値観からちょっとずらす。『今どきの若いモンは』も若者に対する説教的な話が出てくるのかなという先入観があるからこそ、課長のカッコいいセリフで「おっ」となる。

栗俣: この怖い顔でこのセリフですからね(笑)。

吉谷: あと、ツイッター漫画ってページをめくる文化があると思うんですよ。だから、2ページ目でいかに読者を裏切るかもポイントかもしれません。

栗俣: たしかに、『女ってやつは』も『男ってやつは』も、2ページ目でドーンとワンカットで完全に裏切ってきますよね。これはめちゃくちゃインパクトがある。

吉谷: キャラクターを決めてないから、やりやすいのかもしれませんね。キャラクターが強いと裏切るためにキャラを動かしたりしないといけませんが、その必要がない。キャラクターが出てこないテレビCMも同じだと思うんですよ。最後にポンとセリフが来てグッと来るみたいな。

栗俣: なるほど。

吉谷: ただ、ショート漫画ばかりになるのもどうかと思いますね。漫画をたくさん買ってくれるのは30代の栗俣さん世代ですし、その世代の王道はガッツリ読める『シャカリキ!』とかだと思うんですよ。

栗俣: たしかに!

吉谷: だから、ツイッター上にある漫画は「漫画っぽい何か」だと思っているんです。ショートだと新人でも連載が取りやすいですし。新人にいきなり長編を任せる編集者もいませんからね(笑)。だから、やっぱり王道あってのツイッター漫画かなと。僕もいつかは王道に挑戦したいなと思っています。

栗俣: 楽しみですね。

“30秒で泣ける漫画”作者が語るコンテンツ作りの極意(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

(構成/山下奉仁=日経トレンディネット、写真/中村 宏)

※ ※ ※ ※ ※ ※

 2017年2月7日のイベントでは、今回語りきれなかった吉谷氏のコンテンツ作りの極意を栗俣氏がどんどん引き出していく。ご期待いただきたい。

2月7日「吉谷光平氏が語る“30秒で泣ける漫画”作りの極意」開催!
【開催日時】2018年2月7日(水)19時~

【場所】TSUTAYA BOOK APARTMENT
東京都新宿区新宿3丁目26-14 新宿ミニムビル4階

【料金】2000円(税別)
(TSUTAYA BOOK APARTMENT入場料、『あきたこまちにひとめぼれ1巻』購入代込み)

【イベント参加方法】
メールにて件名に「吉谷先生イベント」、本文に必要事項(お名前、ご連絡先お電話番号、お持ちのTカード番号)をご記入の上、ご送信をお願いいたします。 お送り先メールアドレス:shinjyuku_event@ccc.co.jp
※当日は4階受け付けでご予約確認をさせていただきます。
※予約定員は50人で、席は予約受付の早い順でのご案内となります。