スマホアプリやブラウザーゲームに期待

――2018年の目標や、期待しているタイトルを教えていただけますか。

宇田川氏: NEではまず、リアルタイム通信対戦ゲームのスマホアプリ『ドラゴンボール レジェンズ』です。3年近く前から時間をかけてしっかり作っているので、期待していますね。

リアルタイム通信対戦ゲーム『ドラゴンボール レジェンズ』。開発に3年近くかけたスマホアプリだ (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
リアルタイム通信対戦ゲーム『ドラゴンボール レジェンズ』。開発に3年近くかけたスマホアプリだ (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

 他には、2017年にドリコムとの共同出資で設立した「BXD」という会社から、HTML5を使ったブラウザーゲームのプラットフォームとして「enza」をリリースしました。『アイドルマスター シャイニーカラーズ』を皮切りに、今後は『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』といったタイトルをリリース予定です。

HTML5を使ったブラウザーゲーム、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』 (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
HTML5を使ったブラウザーゲーム、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』 (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
ブラウザーゲームの『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』 (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
ブラウザーゲームの『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』 (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
ブラウザーゲームの『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』。ブラウザーゲームに関しては「気軽に遊べるものを提供したい」とのこと 一般社団法人日本野球機構承認 Copyright (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
ブラウザーゲームの『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』。ブラウザーゲームに関しては「気軽に遊べるものを提供したい」とのこと 一般社団法人日本野球機構承認 Copyright (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

 ブラウザーゲームというと、時間が空いたときにちょっと遊べるようなものをイメージすると思います。最近はゲームをやるにもハードルが高くなってきている印象があるので、ここではもう少し気軽に遊べるものを提供したいですね。

 あとは、例えばフィギュアやカードなどにコードを付けそれを読み取ることでゲームに反映するといった連携を考えています。こうした連携は、グループで強力なIPの商品サービスを展開している我々だからこそ取り組む意義があると思っています。