Googleアシスタント&Amazon Alexaがオーディオでも定番に

 CES 2018全体を通して、大きなトピックとなっていたのがAIだ。入場口まで常に長蛇の列が出来ていたグーグルのブースでは、Googleアシスタントに対応した国内外のスマートスピーカーやヘッドホン・イヤホンが展示されていた。

CES 2018に初めてブースを出展したグーグル
CES 2018に初めてブースを出展したグーグル
[画像のクリックで拡大表示]
ラスベガスの街中をラッピングしたモノレールが走る。「Hey Google」がジャックした
ラスベガスの街中をラッピングしたモノレールが走る。「Hey Google」がジャックした
[画像のクリックで拡大表示]
国内外のブランドのGoogleアシスタント対応スピーカーが集結
国内外のブランドのGoogleアシスタント対応スピーカーが集結
[画像のクリックで拡大表示]
JBLによるGoogleアシスタント対応のスピーカー、ヘッドホンの製品群
JBLによるGoogleアシスタント対応のスピーカー、ヘッドホンの製品群
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツ志向の完全ワイヤレスイヤホンとして紹介したソニーのWF-SP700Nは、Googleアシスタントに対応。ソニーは、2017年以降に発売した主要ワイヤレスヘッドホン/イヤホンをアップデートでGoogleアシスタントに対応させる。

 同じくスポーツ志向のワイヤレスイヤホンとして紹介したJABRAの「Elite 65t」も、AIへの対応度でトップクラス。Googleアシスタントに加え、アマゾンの「Alexa」、アップルの「Siri」と3つの音声アシスタントをカバーする。

 AI関連でユニークな存在なのが、LINEの完全ワイヤレスイヤホン「MARS」だ。イヤホン内蔵のマイクでLINEの音声アシスタント「Clova」に対応。さらに、韓国ネイバーの翻訳技術「NAVER Papago」を利用したリアルタイムの翻訳機能も搭載する。日本語対応の予定はまだないようだが、期待度は大だ。

ソニーの新完全ワイヤレスや旧モデルもアップデートで「Googleアシスタント」対応
ソニーの新完全ワイヤレスや旧モデルもアップデートで「Googleアシスタント」対応
[画像のクリックで拡大表示]
Clova対応とリアルタイム翻訳というユニークな付加価値の付いたLINEの「MARS」
Clova対応とリアルタイム翻訳というユニークな付加価値の付いたLINEの「MARS」
[画像のクリックで拡大表示]