ソニー、パナソニック、LGが「高画質回路」で勝負

 CES 2018でソニー、パナソニック、LGの3社がそろって強調していたのが、2つ目のトレンド、自社製の高画質回路だった。

 ソニーは2018年の有機ELテレビに搭載した4K高画質回路「X1 Extreme」に加えて、8K映像に対応した新回路「X1 Ultimate」を展示。ブース内では、現時点で市販品には存在しない8K/1万nitsという超高画質パネルと組み合わせたデモ機で、まさに次世代の高画質技術をアピールしていた。

ソニーは8K映像にも対応する次世代高画質プロセッサ「X1 Ultimate」を発表
ソニーは8K映像にも対応する次世代高画質プロセッサ「X1 Ultimate」を発表
[画像のクリックで拡大表示]
CES 2018全体でも圧倒的に高画質だった8K/1万nitsのデモ
CES 2018全体でも圧倒的に高画質だった8K/1万nitsのデモ
[画像のクリックで拡大表示]
「X1 Ultimate」を4K映像に適用しても非常に高画質
「X1 Ultimate」を4K映像に適用しても非常に高画質
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは高画質回路「HCX」の新たな技術として、色正確性を決めるための機能「3Dルックアップテーブル」を明るめのシーンと暗めのシーンで使い分ける技術を発表。ハリウッドのスタジオでも採用されている4K有機ELテレビ「EZ1000」の画質から、さらに原画忠実に磨きをかけている。

 LGは新たに高画質回路「α9」を発表し、2018年モデルから採用をスタート。ノイズ処理の高精度化、3Dルックアップテーブルによる高精度の色再現性を向上させた。

パナソニックは高画質回路「HCX」を発表
パナソニックは高画質回路「HCX」を発表
[画像のクリックで拡大表示]
明るい映像と暗い映像で回路を変えることで中間階調をより正確に表現
明るい映像と暗い映像で回路を変えることで中間階調をより正確に表現
[画像のクリックで拡大表示]
LGは今回初めて高画質回路「α9」を大々的に発表
LGは今回初めて高画質回路「α9」を大々的に発表
[画像のクリックで拡大表示]
4段階のノイズ処理とオブジェクト検出を高精細化した
4段階のノイズ処理とオブジェクト検出を高精細化した
[画像のクリックで拡大表示]

 薄型テレビの画質はパネル性能と高画質回路の掛け算で決まる。有機ELパネルは、各社が横並びでLG製を採用している今、画質を差異化する重要なポイントとして、高画質回路が再び脚光を浴びている。