「ナンバービル」など、古くから新橋・虎ノ門エリアの開発を手がけてきた森ビルが、大規模な再開発によってこの虎ノ門エリアを“未来の職住近接都市”にするという。

 都心で働くビジネスパーソンの悩みの種の一つが通勤だ。そこで職住近接ということになるが、タワーが林立するオフィス街が暮らしの場になるかと思う人もいるだろう。

 世界を見ればそうした暮らしは至るところにある。ニューヨークには五番街にも住宅があるし、パリのシャンゼリゼ通りのオフィスの上階は住宅だ。東京が世界の都市と肩を並べるようになるためには、生活も楽しめる職住複合のオフィス街が必要という観点が出てきても不思議はない。

 そういった観点で見ると、ほかの都心再開発エリアと比べて住宅が多いのが、虎ノ門エリアだ。すでに約4000戸の高額物件(分譲価格で平均坪単価400万円以上、月額賃料30万円以上あるいは専有面積30坪以上)があり、その供給の多くを担ってきたのが森ビルだ。

 同社の事業はアークヒルズ、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズの大きく3カ所からなるが、いずれの施設にもかなりの数の住宅が用意されており、なかでも虎ノ門ヒルズのこの2年間の賃貸稼働率は90%以上と人気が高い。

 さらに2016年4月以降、虎ノ門エリア全体では新たに約3000戸の住宅が供給される予定(他社プロジェクト含む)。この数はこれまで同社が都心で供給してきた戸数にほぼ匹敵する。都心再開発というとオフィスにばかり目が行くが、同社の場合には以前から職住近接の街を作り続けてきたのだ。では、大量の住宅も含む虎ノ門エリアでは今後、どのような開発が行われるのか。

日比谷線新駅、バスターミナル新設で都心の結節点に

 虎ノ門エリアは新宿、渋谷、東京、湾岸エリアや今後、開発が行われる品川などほかのオフィス街のちょうど中間点に位置し、東京駅や官公庁のある霞が関にも隣接する。東京都心オフィス街の結節点ともいえる場所にあるわけで、以前は東京五輪の選手村ができる湾岸とスタジアムを結ぶ結節点といわれたが、それ以上に意味のある立地なのだ。

 しかも、この強みは今後、交通の利便性アップに伴っていっそう強化される。そのうちのひとつが、2020年の東京五輪開催前の供用を目指して建設されている東京メトロ日比谷線の新駅だ。

 現在の虎ノ門ヒルズの最寄り駅は日比谷線の神谷町駅あるいは銀座線の虎ノ門駅だが、どちらも300~400メートル離れており、足回りが便利とはいいがたい。だが、新駅は虎ノ門ヒルズの西側に隣接しており、この駅ができると利便性は大きく向上する。

 そのうえ、2022年までには既存の虎ノ門ヒルズも含めて合計4棟のタワーが建つ予定。総敷地面積は約7.5haと六本木ヒルズの約9.3haより多少コンパクトではあるものの、都心で行われている開発の中では品川駅周辺の約13haに次ぐ規模。延べ床面積は約80万平米、住宅戸数は約800戸を予定しており、緑地も約1万5000平米作られる予定だ。

 まず、2019年度に竣工が予定されている「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」には1階に都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)と空港リムジンバスも発着可能な約1000平米のバスターミナルの設置が計画されており、臨海部へのアクセスは大幅に改善されることになる。

 「世界の主要都市と比べ、東京の弱みは交通面と文化面といわれる。交通面での大きなウイークポイントは空港へのアクセス、世界主要都市への直行便の少なさ。これについては民間ではどうすることもできないが、それ以外の交通インフラ整備については可能な限り、推進したいと考えており、バスターミナル設置はその一端」(森ビル都市開発本部・平野文尉氏)という。

 このタワーと同時期に住宅棟「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」も竣工する予定で、この地上56階建てのタワーには約600戸の住宅、サービスアパートメント、店舗に子育て支援施設、スパなどが作られることになっている。

 さらに、2022年度を目標に、新駅に直結して4棟目のタワーとなる「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」が竣工予定。虎ノ門ヒルズ 森タワーとは地下とデッキで結ばれる。

既存の虎ノ門ヒルズ(写真中央左、地上52階建て)に加え、「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」(写真左、地上36階建て、2019年度竣工予定)、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」(写真中央右、地上56階建て、2019年度竣工予定)、「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」(写真右、2022年度竣工目標)と計4棟のタワーが建つ予定
既存の虎ノ門ヒルズ(写真中央左、地上52階建て)に加え、「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」(写真左、地上36階建て、2019年度竣工予定)、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」(写真中央右、地上56階建て、2019年度竣工予定)、「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」(写真右、2022年度竣工目標)と計4棟のタワーが建つ予定
[画像のクリックで拡大表示]