渋谷、東京駅、虎ノ門、品川――。今行われている東京の大規模再開発のなかでも、街の風景が大きく変わりそうなのが渋谷だ。

渋谷駅周辺開発の全体図(提供:渋谷駅前エリアマネジメント協議会)
渋谷駅周辺開発の全体図(提供:渋谷駅前エリアマネジメント協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず2017年春にエリア北側の渋谷宮下町、2018年度に南側の渋谷駅南街区と2棟のタワービルが登場。次いで2019年度には渋谷駅街区に地上47階、高さ約230メートルの東棟が誕生する予定。東棟は渋谷駅真上のタワーとなることから、この完成で渋谷の風景は大きく変わる。ちなみにこのタワーの屋上には日本最大級の屋外展望施設が作られる予定となっており、開放感、眺望が楽しみだ。

地上47階、高さ約230メートルからなる東棟の屋上には日本最大級の屋外展望台も設置される(提供:渋谷駅前エリアマネジメント協議会)
地上47階、高さ約230メートルからなる東棟の屋上には日本最大級の屋外展望台も設置される(提供:渋谷駅前エリアマネジメント協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年から2019年にかけては道玄坂一丁目駅前地区も完成。さらに渋谷区の新庁舎、公会堂、渋谷パルコの建て替えも完了する予定となっており、東京五輪を前に渋谷全体が大きく変わることになろう。さらに2020年には渋谷駅桜丘口地区、そして2027年度に渋谷駅街区の中央棟、西棟が最後に完成することになっているが、この年はリニア中央新幹線も開業を予定している。 

 利用者として最も気になるのは駅の使い勝手だが、2019年度に東京メトロ銀座線ホームが表参道方面に約130メートル移設、2020年春をめどに山手線と埼京線・湘南新宿ラインのホームが並列化される予定などと、徐々に乗り換えの利便性が図られる。最終的に現状の迷路状態が解消されるのは2027年。駅周辺では東口地下広場、西口駅前広場、西口タクシープール、東西自由通路なども整備される計画となっている。ひとつ気になるのは、他路線からやや離れた位置にある京王井の頭線。現状ではサイン(案内表示)などを分かりやすくするといったこと以外は考えられていないようだ。