プロジェクトやアイデアを達成または実現するために、ネットを使って資金調達をする「クラウドファンディング」。誰もが耳にするようになり、今や中小企業だけでなく大企業からも注目されている。そんなクラウドファンディングのプラットフォームを提供するMakuakeと+Styleの代表者が、TREND EXPO TOKYO 2016でクラウドファンディングの現状とこれからを語った。

新しいものづくりの進め方を実現

 Makuakeはサイバーエージェントのグループ会社。クラウドファンディングについては、日本から思い切った新しいものを製品化しやすくする土壌になるのではないかと、中山亮太郎氏が起ち上げた。中山氏はMakuakeを、プロトタイプとデザインの段階で、ものを予約販売できるプラットフォームだと説明する。

中山 亮太郎氏 サイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役社長
中山 亮太郎氏 サイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役社長
近藤 正充氏 ソフトバンク 「+Style」事業責任者
近藤 正充氏 ソフトバンク 「+Style」事業責任者

 量産段階に入る前にキャッシュが手にできるほか、マーケティングやプロモーション、販路の拡大にも役立つという。つまり、これまでは製品ができてから行わなければならなったさまざまな作業を、前倒しで進行できる。クラウドファンディングが、新しいものづくりの進め方を提供できると主張した。

 一方の、ソフトバンクの+Styleは、主にIoT(モノのインターネット)製品を世に送り出すことを目指したプラットフォームだと、事業責任者の近藤正充氏は語る。ソフトバンクでは、2040年までに一人当たり1000個のIoT製品を所有するようになると想定している。だが、ソフトバンクグループだけでは、IoT製品の市場を拡大するには限界がある。そこで、コンセプトやプロトタイプ作り、量産試作、Web販売や流通まで、アイデアや技術を持った企業をサポートすることで、IoT製品の市場を盛り上げたいのだという。