コーディネーターを務めたITジャーナリスト・佐野正弘氏
コーディネーターを務めたITジャーナリスト・佐野正弘氏

 あらゆる機器をインターネットにつなげる「IoT(モノのインターネット)」。すっかりなじみのワードとなったが、これから新しい展開を迎えようとしている。そこで来る「IoT 2.0」時代をテーマに、メーカー、キャリア、サービス・プロバイダーと立場の異なる3社がTREND EXPO TOKYO 2016に集い、専門セッション「『つながる』の、その先へ。“IoT 2.0”の幕が上がる!」を展開した。

 これまでのIoTは、「モノがインターネットにつながるということばかりにスポットが当たってきた」と、切り出したのは、モデレーターを務めたITジャーナリストの佐野正弘氏。「重要なのはモノがインターネットにつながることによって、どんな新しい価値を生み出すか、なのです」と力説した。それが本当の意味でのIoTの時代、「IoT 2.0」の幕開けだという。

村上 臣氏 ヤフー 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)
村上 臣氏 ヤフー 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)

 ではそもそも「IoT」とは何か?

 ヤフー執行役員CMO・村上臣氏はそれを、「ネットのサービスや技術を、何らかのリアルなものにくっつけたもの」と説明する。同社ではIoT製品やWebサービスを連携させるアプリ「myThings」を提供している。このアプリは、例えば「防災速報を受信したら、部屋のスピーカーを鳴らす」など、異なるサービスや機器同士をつなげるハブの役割を果たす。現在約50の製品、サービスに対応しているという。

 「2020年には一人あたり10個くらいのIoT機器を持つようになるといわれているが、そうなると管理が大変。そこでいろんなIoT機器やサービスが連携できる仕組みを考えた」と村上氏は語る。

白石奈緒樹氏 シャープ IoT通信事業本部 IoTクラウド事業推進部長
白石奈緒樹氏 シャープ IoT通信事業本部 IoTクラウド事業推進部長

 一方、家電をIoT化するには、まだ超えなければならない大きな課題があると指摘するのは、シャープのIoTクラウド事業推進部長・白石奈緒樹氏だ。

 「一つ目はコスト。ネットにつながるとその分高くなるので、それだけの価値をお客さんに届けなければならない。二つ目は買い替えサイクル。家電製品は10~15年と長いサイクルで使うものだが、その間ずっと価値を提供し続けられるか。三つ目はいろんなメーカーの製品が混在する中で、どうやって価値を提供するか、です」

 これらの課題解決に欠かせないのが、人工知能(AI)とクラウドだという。必要な進化をクラウドで実現するなど、コストに見合った家電の提供を目指している。

德弘徳人氏 NTTドコモ R&Dイノベーション本部 移動機開発部長
德弘徳人氏 NTTドコモ R&Dイノベーション本部 移動機開発部長

 開発中の新たなSIM「eSIM」について紹介したのは、ハード、ソフトの両面からデバイス開発に携わっているNTTドコモの移動機開発部長・德弘徳人氏だ。従来のように後付で、使用する機器ごとにSIMを入れ替えるのではなく、「eSIM」ははじめから機器の中に実装されることになるという。このSIMを外から書き換えることでこれまでと同様の働きを可能にする。

 「『eSIM』を実装した製品を海外に出荷すれば、外から現地のキャリアの情報にSIMの情報を書き換えることができるようになる」と德弘氏は解説する。