増田宗昭氏
増田宗昭氏
カルチュア・コンビニエンス・クラブ
社長兼CEO

 初日の基調講演、第2部は単行本『TSUTAYAの謎』の著者である川島蓉子氏が、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)社長兼CEOの増田宗昭氏が考えていることなどを聞くトークショーだ。

 まず川島氏が「増田さんの中で、最新のトピックスはなんですか?」と質問すると、増田氏は銀座に蔦屋書店を出店することだという。それも単なる書店ではなく、「世界一のアートの本屋」とのこと。増田氏はなぜ今「アートの本屋」を目指すのか――。

“3つのこと”しかやらないことにした

 増田氏は自身の会社であるCCCを「企画会社」だと表現する。そのうえで「これからは“3つのこと”しかやらないことにした」というのだ。

 「1つめは、創設時からやっていることですが、人の幸せを作る『プラットフォーム』を企画すること。初めは僕らが企画会社だと言っても、誰も評価してくれるわけがない。だから、作品としてTSUTAYAをつくりました。その次に、『データベース』が人を幸せにできることが、Tカードをやってきて分かった。これが2つめです」。

川島蓉子氏
川島蓉子氏
伊藤忠ファッションシステム
ifs未来研究所 所長

 増田節はさらに続く。

 「人を幸せにするためには、『ライフスタイル』をお薦めできる集団にならないといけない。これが3つめです。でも世の中にはライフスタイルを提案する人がたくさんいるので、ジャンルを絞ってやっていくことにしました」

 結果、絞り込んだものがアート。アート市場は、日本では小さい。だからこそこのジャンルの1番になりたいと考えたからだという。また、外国人から見れば、日本の文化は絶対に見直されるはず。そうした人が集まる銀座に出店し、CCCグループの全エネルギーを集中させ、トップを目指す。

 ここで川島氏が“ライフスタイル提案”について質問を浴びせた。

 「増田さんがライフスタイルを定義すると、どういう言葉になりますか」

 増田氏の答えはこうだ。

 「新しい生活様式の提案です。世の中一般に普及しているものでも、そのお客さんにとって新しければいい。“これが世界初の生活提案だ”と仰々しいことをやらなくてもいいんです」

CCC増田社長が「アートで世界一」を目指すワケ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]