村井説人氏 株式会社ナイアンティック 代表取締役社長
村井説人氏 株式会社ナイアンティック 代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 TREND EXPO TOKYO 2016の2日目の基調講演では、『ポケモンGO』の開発元である株式会社ナイアンティックの社長・村井説人氏が登壇。『ポケモンGO』が、これから社会に与える影響について語った。

 『ポケモンGO』を開発したナイアンティックは、2012年に『イングレス(ingress)』という位置情報ゲームのベータ版をリリースしている。イングレスのユーザーは、2つのチームに分かれて、街の中にリアルに存在する歴史的な建造物などに設置された“ポータル”と呼ばれる場所を奪い合い、テリトリーを拡大していく。

 『ポケモンGO』も『イングレス』も、プレーヤーが歩いて移動しなければ進行しないゲームだ。村井氏によれば、『イングレス』のユーザーが歩いた総距離数は2億5800万キロメートル。地球から太陽までの距離の約2倍にあたる。一方の『ポケモンGO』は、既に45億キロメートルに達していると明らかにした。なんと地球から冥王星や海王星までの距離に相当するのだ。