VR(Virtual Reality、仮想現実)をマーケティングに活用する手法として、最近増えているのが空間の制限を取り払うもの。今いるのが自宅のリビングやデスクの前、ショッピングモールの一角など、ごく狭い場所だったとしても、顧客にVRゴーグルをかけてもらえば、そこは広大なスペースに変わる。前回(旅のプランの決め手はVR)に引き続き、VRの先進事例を見ていこう。

メルセデスのクルマを置かないショールーム

 メルセデス・ベンツとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)・マーケティングが協業で、2016年7月13日~9月13日まで代官山蔦屋書店に設置した「Mercedes-Benz Lifestyle Lounge」。そのテーマは、“クルマを置かないショールーム”だ。

 訪れた人は、VRゴーグルとヘッドホンを装着して、360度動画を視聴する。体験できるのは、同社のクルマの試乗や広くて美しいショールームの見学などで、車種はコンパクト、SUV、スポーツモデルなどを選べる。

 360度動画がスタートすると、助手席からの視点になる。内容はプロモーションビデオのような作りで、海岸を走ったり街中を走ったりとシチュエーションが何度か切り替わる。隣には運転手が座っていて、車内の広さ、隣のシートとの距離感、ダッシュボードに配置された機器の様子などをVRで体験できる。視聴にはVR専用ゴーグル「GearVR」を使っており、没入感は高い。

Mercedes-Benz Lifestyle Loungeは、代官山蔦屋書店の自動車関連書籍売り場の一角に設けられていた。VRゴーグルは「GearVR」を使用している。VR体験だけでなく、タブレットを使った電子カタログの閲覧などもできる
Mercedes-Benz Lifestyle Loungeは、代官山蔦屋書店の自動車関連書籍売り場の一角に設けられていた。VRゴーグルは「GearVR」を使用している。VR体験だけでなく、タブレットを使った電子カタログの閲覧などもできる
[画像のクリックで拡大表示]
クルマも遊園地もVRに入っちゃう(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
クルマも遊園地もVRに入っちゃう(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
360度動画により、走行中の実車内部の様子を体験できる。広大で美しいショールームを見学する動画もあった

【特集】“ヒットを作るVR”~マーケティングに有効か?

 【第1部】JALやH.I.S.が導入
 旅のプランの決め手はVR
 【第2部】メルセデスと蔦屋書店が協業
 クルマも遊園地もVRに入っちゃう
 【第3部】IKEAはキッチンを再現
 VRで式場選びも家具選びも失敗しない
 【結論】活用法はゲームだけじゃない!
 消費者の購入行動にVRが大きく影響する
→特集のトップに戻る