『戦国無双 ~真田丸~』のコーナーには、大河ドラマの撮影に実際に使われていた衣装が展示されている。これだけでも一見の価値ありと言えるかも!?
『戦国無双 ~真田丸~』のコーナーには、大河ドラマの撮影に実際に使われていた衣装が展示されている。これだけでも一見の価値ありと言えるかも!?

6つのコーナーで来場者を待つコーエーテクモゲームス【TGS2016】

2016年09月15日
  • 初日開場直後のコーエーテクモゲームスのブース。中央のステージでは、出展されていない「信長の野望」シリーズや「ウイニングポスト」シリーズのものも含め、4日間のあいだにさまざまなステージイベントが予定されている。
  • 巨大な仁王の立体造形が来場者を見下ろすコーエーテクモゲームスの『仁王』コーナー。あえて暗く閉塞感のある展示がなされ、同タイトルのおどろおどろしい雰囲気にマッチしている。
  • 同社は、大河ドラマ「真田丸」の劇中で戦況を説明するCGに技術提供をしていることでも知られている。劇中と同じ「フル3D一枚マップ」が採用されているなど、『戦国無双 ~真田丸~』はドラマファンには見逃せない1作なのだ。
  • 『戦国無双 ~真田丸~』のコーナーには、大河ドラマの撮影に実際に使われていた衣装が展示されている。これだけでも一見の価値ありと言えるかも!?
  • 三浦建太郎氏が描く大人気のダーク・ファンタジー「ベルセルク」をモチーフにした「無双」シリーズ最新作、『ベルセルク無双』。試遊台が置かれたコーナーの一角には、大迫力の実物大「ドラゴン殺し」が!
  • ガストコーナーに出店されていた『フィリスのアトリエ』試遊台。11月2日の発売に向け、開発は98%が終了している、とのこと。それをベースにしたTGS特別バージョンを遊ぶことができるのだ。