『蒼き革命のヴァルキュリア』は、死神ヴァルキュリア率いる大国との戦いに勝利した小国の解放軍を率いた5人の男女の物語。本来であれば、英雄として扱われるべき存在だが、私怨のために戦ったため、大罪人と呼ばれるようになった。

 公式サイトでは、PVが公開され、その世界観の全貌が見えるようになっていると下里プロデューサー。これまでいろいろベールに包まれていたので、少しずつではあるが、その内容がわかってきた。

 蒼き革命のヴァルキュリアの特徴として挙げられるのが、新絵画風描画シェーダー「GOUACHE(ガッシュ)」を使用している点と、戦術的な戦いができるバトルシステム「LeGION(レギオン)」を採用している点。「ガッシュで描かれたグラフィックは、鮮やかな色合いで、イラストにしか出せない魅力があります」と小澤ディレクターが語る。

蒼き革命のヴァルキュリアに登場するアンチ・ヴァルキュリア部隊ヴァナルガンドの制服を身にまとった倉持由香さんと吉田早希さん
蒼き革命のヴァルキュリアに登場するアンチ・ヴァルキュリア部隊ヴァナルガンドの制服を身にまとった倉持由香さんと吉田早希さん
[画像のクリックで拡大表示]
下里陽一プロデューサー
下里陽一プロデューサー
[画像のクリックで拡大表示]
小澤武ディレクター
小澤武ディレクター
[画像のクリックで拡大表示]

アクション操作が苦手な人でも安心してプレー

 レギオンは大軍を相手にしたときにより戦術的な戦いができるシステム。発動させることで、すべての時間が止まる。戦術を考え、より効果的な武器や魔法などを選ぶことで、戦い方に幅をみせている。バトルはエンカウント制ではなく、敵味方がリアルタイムで動き、アクション性が高いバトルとなるため、レギオンを使用することで、アクション操作が苦手な人でも安心してプレーできるのも特徴だ。

 簡単に言えば、リアルタイムのアクションバトルながら、武器や魔法の選択をしているときは時間が止まってくれるので、じっくりと戦術を考えながら戦えるシステムと言うことだ。まあ、百聞は一見にしかずというか、とりあえず体験すればすぐにわかるので、気になる人はセガブースの蒼き革命のヴァルキュリアコーナーで体験すべきだ。東京ゲームショウに来場できない人は、10月中旬から全国で開始される全国体験キャラバンに参加しよう。

グラビアタレントの倉持由香さん
グラビアタレントの倉持由香さん
[画像のクリックで拡大表示]
同じくグラビアタレントの吉田早希さん
同じくグラビアタレントの吉田早希さん
[画像のクリックで拡大表示]
後ろも前もしっかりと再現されている衣装をアピールする倉持由香さん
後ろも前もしっかりと再現されている衣装をアピールする倉持由香さん
[画像のクリックで拡大表示]
絵画風描写シェーダー、ガッシュを使用。服の描写などは、絵画風ならでは
絵画風描写シェーダー、ガッシュを使用。服の描写などは、絵画風ならでは
[画像のクリックで拡大表示]
アクションバトル
アクションバトル
[画像のクリックで拡大表示]
全国体験キャラバンを実施。東京、大阪、名古屋、北海道、福岡の5都市で開催予定
全国体験キャラバンを実施。東京、大阪、名古屋、北海道、福岡の5都市で開催予定
[画像のクリックで拡大表示]
東京ゲームショウでは蒼き革命のヴァルキュリアの物販アイテムの先行販売も開始
東京ゲームショウでは蒼き革命のヴァルキュリアの物販アイテムの先行販売も開始
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/岡安学)