シリーズ20周年を振り返るスペシャル映像

 第二部は「バイオハザード20周年&映像コンテンツ」ステージだ。シリーズの多くを手掛けてきた川田将央氏と小林裕幸氏が登壇して、シリーズ20周年を振り返るスペシャル映像が公開された。

最初のバイオハザードは1996年に登場した
最初のバイオハザードは1996年に登場した
[画像のクリックで拡大表示]
そこからシリーズはどんどん広がって行った。それぞれについて川田氏と小林氏が当時の思い出などを交えつつ紹介した
そこからシリーズはどんどん広がって行った。それぞれについて川田氏と小林氏が当時の思い出などを交えつつ紹介した
[画像のクリックで拡大表示]
過去の5作品をPS4でプレーできる『BIOHAZARD VALUE PACK』も発売される。バイオハザード7の予習にいいかも!?
過去の5作品をPS4でプレーできる『BIOHAZARD VALUE PACK』も発売される。バイオハザード7の予習にいいかも!?
[画像のクリックで拡大表示]
「Don't be Afraid -Biohazard × L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」は11月中旬予定で、先行体験版が10月13日に配信される
「Don't be Afraid -Biohazard × L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-」は11月中旬予定で、先行体験版が10月13日に配信される
[画像のクリックで拡大表示]

 1996年に登場した最初の『バイオハザード』から最新作『バイオハザード7 レジデントイービル』まで、『コード:ベロニカ』や『リベレーションズ』シリーズなども含めてシリーズの歴史が一気に分かる内容だった。

 こうして20年にもなる歴史を眺めていると、ハードウェアの性能向上とともに新たなチャレンジを続け、演出やシステムなどゲーム内容をどんどん進化させてきたことがよくわかる。シリーズ累計6900万本以上という世界中にファンにいるシリーズに育ったのは、こうした進化を積み重ねてきたからこそなのだろう。

 後半は、バイオハザードシリーズのコラボが紹介いくつかされた。注目はまずバンド結成25周年を迎えるL'Arc-en-Cielとのコラボレーション企画『Don't be Afraid -Biohazard × L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-』だ。カプコンがバイオハザードの世界観をミュージックビデオに提供するのは初だという。PlayStation VRをゲーム以外のコンテンツに活用するという試みでもある。

異色のコラボ「バカハザ ~少年バカボン × バイオハザード~」
異色のコラボ「バカハザ ~少年バカボン × バイオハザード~」
[画像のクリックで拡大表示]
バイオハザード7は「究極のホラー体験」だ!【TGS2016】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニークなのが、『天才バカボン』とコラボした『バカハザ ~少年バカボン × バイオハザード~』だ。これはiOS/Android用のゲームアプリとなる。そして映画のバイオハザードシリーズは最新作「バイオハザード ザ・ファイナル」が12月23日に日本で世界最速公開されるほか、フルCGの長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』が2017年春に公開予定だ。

(文・写真/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)