法廷バトルゲームとして人気を集めている『逆転裁判』シリーズ。カプコンブースのステージではシリーズ15周年を記念して、「『逆転裁判』シリーズ15周年記念トーク&最新情報スペシャルステージ」が行われた。

最初のタイトル『逆転裁判』が発売されたのは2001年。今年でシリーズ15周年を迎える
最初のタイトル『逆転裁判』が発売されたのは2001年。今年でシリーズ15周年を迎える
[画像のクリックで拡大表示]

 ステージには、ゲームに登場する正義の弁護士「成歩堂龍一」を演じる声優の近藤孝行さんと、熱血弁護士「王泥喜法介」を演じる声優のKENNさんがゲストとして登場。キャラの声を初めて収録した時のエピソードや、好きなキャラ・演じてみたいキャラなどを語ってくれた。

 そしてステージ上で、スタッフが操作するゲームに合わせて生アフレコを披露。それぞれのキャラを演じた後、2人の掛け合いシーンまで披露してくれた。

正義の弁護士「成歩堂龍一」を演じる声優の近藤孝行さん
正義の弁護士「成歩堂龍一」を演じる声優の近藤孝行さん
[画像のクリックで拡大表示]
熱血弁護士「王泥喜法介」を演じる声優のKENNさん
熱血弁護士「王泥喜法介」を演じる声優のKENNさん
[画像のクリックで拡大表示]
ステージ上で生アフレコを披露してくれた
ステージ上で生アフレコを披露してくれた
[画像のクリックで拡大表示]
生アフレコに新作発表も! 『逆転裁判』ステージ【TGS2016】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 シリーズのプロデューサーを務める江城元秀氏からは、15周年記念のイベント開催やノベライズ連載開始などが紹介された。そしてステージ最後にはサプライズが待っていた。

15周年記念のイベント「逆転裁判 15周年 特別法廷」を開催する
15周年記念のイベント「逆転裁判 15周年 特別法廷」を開催する
[画像のクリックで拡大表示]
ノベライズ連載もスタートする
ノベライズ連載もスタートする
[画像のクリックで拡大表示]

 成歩堂龍一の先祖である成歩堂龍ノ介が19世紀末の大英帝国を舞台に活躍するスピンオフ作品「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒険-」の続編として、「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の製作がステージ上で発表されたのだ。すると会場からはこの日一番の大歓声が。ゲストの生アフレコから新作発表まで、盛り上がりっぱなしのステージだった。

「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の製作が発表されると大歓声が
「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の製作が発表されると大歓声が
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する