今年2月にリリースされてから、順調に人気を高めているストリートファイターVのステージイベントを開催。最新ダウンロードキャラクター「ユリアン」の情報から、アップデート情報、大会情報など、初出となる情報が目白押しだ。

ストリートファイターVのイメージイラスト。リリース当初に比べて、キャラクターが8体増え、全部で22キャラクターになった
ストリートファイターVのイメージイラスト。リリース当初に比べて、キャラクターが8体増え、全部で22キャラクターになった
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、カプコンブースには、ストリートファイターVの展示はないものの、ステージイベントでは登場。春麗のコスプレでおなじみの綾野アシスタントプロデューサーと、新たにストリートファイターのアシスタントプロデューサーとなった松本氏が登壇した。ゲストには、ぷろゲーマーのかずのこ氏も登場。カプコンプロツアー2015の覇者として、その実力の一端も披露された。

他のイベントでタキシードを着たら「正装で出ろ」とネットからお叱りを受け、今回は正装で登場した綾野アシスタントプロデューサー
他のイベントでタキシードを着たら「正装で出ろ」とネットからお叱りを受け、今回は正装で登場した綾野アシスタントプロデューサー
[画像のクリックで拡大表示]
カプコンプロツアー2015覇者、かずのこ氏
カプコンプロツアー2015覇者、かずのこ氏
[画像のクリックで拡大表示]
最新配信キャラクター、ユリアンの格好?で登場した松本アシスタントプロデューサー
最新配信キャラクター、ユリアンの格好?で登場した松本アシスタントプロデューサー
[画像のクリックで拡大表示]

 ストリートファイターVの最大のニュースは9月23日に行われるアップデート。その中でも注目されているのが、ユリアンの参戦だ。ユリアンは『ストリートファイターIII 2nd IMPACT』『3rd STRIKE』に登場した人気キャラクター。『ストリートファイターIV』には未登場だったので、ファンには待ち焦がれたキャラクターだ。基本性能はストIIIを踏襲しているが、ストVシステムのVシステムとの組み合わせで、ストIIIと違った戦い方もできそうだ。

ボス感バリバリの雰囲気漂うユリアン。ストリートファイターVでどういった戦いを見せてくれるのか
ボス感バリバリの雰囲気漂うユリアン。ストリートファイターVでどういった戦いを見せてくれるのか
[画像のクリックで拡大表示]
有料アイテムのバトルコスチュームと、ファイトマネーで購入できる紫スーツのアレンジコスチュームの2つのコスチュームも用意
有料アイテムのバトルコスチュームと、ファイトマネーで購入できる紫スーツのアレンジコスチュームの2つのコスチュームも用意
[画像のクリックで拡大表示]

 23日のアップデートでは、ユリアンの参戦だけでなく、新たな要素も組み込まれている。そのひとつがデイリーターゲット。アーケード版の『ウルトラストリートファイターIV』でNESiCA連携をすることで、バトルの結果に応じたファイトマネーと同様に、指定された条件を期日内にクリアすることでファイトマネーを稼げるシステムだ。ファイトマネーは配信キャラクターの開放やコスチュームの購入などができるので、是非とも狙っていきたいところだ。

 さらに、ステージKOを増加。春麗のステージで画面端で吹き飛ばし攻撃でKOすると、特殊なKO演出になる、あのステージKOの種類を増加。ただ勝利するだけでなく、ステージKOで勝つのが魅せる戦いになりそうだ。また、PS4専用コントローラーのみで発生していた、1フレームの操作遅延も解消するとのこと。PS3のレガシーコントローラーやPC版ストリートファイターVでは起きていなかった状態なので、PS4専用コントローラーを使っている人には朗報だ。

ランクマッチやカジュアルマッチなどで、指定された条件を期日内にクリアすることで、ファイトマネーがゲットできる
ランクマッチやカジュアルマッチなどで、指定された条件を期日内にクリアすることで、ファイトマネーがゲットできる
[画像のクリックで拡大表示]
中国ステージの右端で吹き飛ばし効果のある技でKOすると、バスのドアを突き破り、無理やり乗車させられる演出が発生。それと同様の演出の数が増加した
中国ステージの右端で吹き飛ばし効果のある技でKOすると、バスのドアを突き破り、無理やり乗車させられる演出が発生。それと同様の演出の数が増加した
[画像のクリックで拡大表示]

ストリートファイターの大会やイベント情報も公開

 かずのこ氏にユリアンのキャラクターを紹介してもらうべく、ふたりのアシスタントプロデューサーとの対戦も行われた。最初に戦った松本アシスタントプロデューサーは、一方的に倒されてしまったものの、しっかりとステージKOを2パターンを見せ、仕事を完遂。それに対して綾野アシスタントプロデューサーは、2対1でかずのこ氏に勝利を収めるものの、ステージのギミックを見せることを忘れてしまっていた。

最近はずっとキャミィを使っているかずのこ氏だが、今回はユリアンを使用。松本氏はベガを使用
最近はずっとキャミィを使っているかずのこ氏だが、今回はユリアンを使用。松本氏はベガを使用
[画像のクリックで拡大表示]
1本めはベガがきっちりと左端でステージKOをされ、兜が頭にかぶらされる演出をみせた。2本め開始時には、その兜をかぶった状態に
1本めはベガがきっちりと左端でステージKOをされ、兜が頭にかぶらされる演出をみせた。2本め開始時には、その兜をかぶった状態に
[画像のクリックで拡大表示]
2本めは右端でステージKOをされ、大砲で吹き飛ばされる演出をみせた
2本めは右端でステージKOをされ、大砲で吹き飛ばされる演出をみせた
[画像のクリックで拡大表示]
松本氏のリベンジを果たすべく登場した綾野アシスタントプロデューサー。自分のアイデンティティでもある春麗を使うと公言
松本氏のリベンジを果たすべく登場した綾野アシスタントプロデューサー。自分のアイデンティティでもある春麗を使うと公言
[画像のクリックで拡大表示]
始まってみればユリアン対ユリアン。ここはコスチュームを見せる意味もあり、お約束の展開。ただ、そのあとはステージKOのことは忘れ、勝負にはしる。ステージギミックを見せるとの打ち合わせと内容が違い、かずのこ氏は困惑
始まってみればユリアン対ユリアン。ここはコスチュームを見せる意味もあり、お約束の展開。ただ、そのあとはステージKOのことは忘れ、勝負にはしる。ステージギミックを見せるとの打ち合わせと内容が違い、かずのこ氏は困惑
[画像のクリックで拡大表示]

 最後にストリートファイターシリーズの大会やイベントの情報を公開した。RED BULL 5G 2016に、ストリートファイターVが採用された。アーケードゲームの大会である「闘神祭2016」は3on3方式で絶賛店舗予選が開催中とのことだ。第3回を数えるTOPANGA『ストリートファイターV』大学対抗戦も告知された。ゲームショウでもカプコンプロツアー2016の大会が模様されている。今後もますます遊ぶゲーム、参加するゲーム、視聴するゲームとして、ストリートファイターVは発展していきそうだ。

RED BULL 5G 2016にストリートファイターVが採用
RED BULL 5G 2016にストリートファイターVが採用
[画像のクリックで拡大表示]
3on3のストリートファイターIVの大会。アーケード版のないスとVではなく、ストIVなので注意
3on3のストリートファイターIVの大会。アーケード版のないスとVではなく、ストIVなので注意
[画像のクリックで拡大表示]
同じ大学のメンバーで戦う大学対抗戦
同じ大学のメンバーで戦う大学対抗戦
[画像のクリックで拡大表示]
東京ゲームショウでもストリートファイターVの大会を実施
東京ゲームショウでもストリートファイターVの大会を実施
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/岡安学)