スクウェア・エニックスのブースは今年も「メガシアター」を設置し、『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)』や『アカシックリコード』など、同社ゲーム16本のトレイラーを常時上映している。CMを除いて、すべてが東京ゲームショウをめがけて制作された「初出し」。ハリウッド映画と見まがうほどの映像美、壮大なムードの映像もあり、シアター前には大画面を食い入るように見つめる人たちの姿が後を絶たない。

 トレイラーはその多くがWebでも公開されているが、200インチのド迫力かつ、フルHD(1920×1080ピクセル)解像度、ドットバイドット表示という精細さで、16タイトル分を一気に見られる環境はそうそうないはず。ぜひ、この機会に楽しんでほしい。

 放映中タイトルのラインアップはこちらで確認を。なお、鑑賞の際は画面前になるべくつめて、通行のジャマをしない、かつ間近に迫力を受け止める視聴スタイルがお勧めだ。

ファンが集まるメガシアター前
ファンが集まるメガシアター前
[画像のクリックで拡大表示]
ビジネスデイはイベントステージでもトレイラーを放映。まさかの満席状態だ
ビジネスデイはイベントステージでもトレイラーを放映。まさかの満席状態だ
[画像のクリックで拡大表示]
独立系メーカーとの提携作品のトレイラーを放映するスペースも
独立系メーカーとの提携作品のトレイラーを放映するスペースも
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/赤坂麻実)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する