スクウェア・エニックスの展示ブースは、やっぱり「FF」が目玉。2016年11月29日発売予定の「PlayStation 4」、「Xbox One」向けRPG『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)』は試遊機70台を用意。既発売のMMORPG『FINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジー14)』も16台を用意し、チーム対戦ができるようにした。2016年10月27日発売予定のPlayStation 4、PlayStation Vita向けRPG『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の10台とあわせ、FFシリーズだけで約100台をそろえている。

スライムたちがお出迎え。例年通り、イベントステージやメガシアターも設置
スライムたちがお出迎え。例年通り、イベントステージやメガシアターも設置
[画像のクリックで拡大表示]
広い試遊コーナー
広い試遊コーナー
[画像のクリックで拡大表示]

 FF15の主人公・ノクティスをはじめ、人気キャラのお面(4種、1人1枚、選択不可)がもらえたり、FF14の試遊対戦で勝利したチームはオリジナルTシャツがもらえたり、コスプレをしたコンパニオンの皆さんが迎えてくれたり、楽しい演出もたっぷり。

ノクティスのお面、もらえます!
ノクティスのお面、もらえます!
[画像のクリックで拡大表示]
クオリティーの高いコスプレも拝めます!
クオリティーの高いコスプレも拝めます!
[画像のクリックで拡大表示]

漫画を読む新感覚体験コーナーも

 話題のVRも、体験コーナーを設けた。台湾HTC社のVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「HTC Vive」を使って『Fallout 4』と『DOOM』のVR版を試遊できる個室を2室、設置したほか、HTC Viveで漫画を読むという新感覚体験ができるコーナーも登場。なお、スクウェア・エニックスのVRゲーム『乖離性ミリオンアーサーVR』はグリー、HTC社のブースで楽しめる。

Bethesda Game Studioの『Fallout 4』とid Softwareの『DOOM』がVRで遊べる
Bethesda Game Studioの『Fallout 4』とid Softwareの『DOOM』がVRで遊べる
[画像のクリックで拡大表示]
VRゴーグルで漫画も読める
VRゴーグルで漫画も読める
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/赤坂 麻実)

この記事をいいね!する