「PlayStation祭」とは、9月24日から全国4会場で開催されるユーザー参加型イベントのこと。これは「東京ゲームショウ2016」のPlayStationブースに出展されるタイトルの試遊をはじめ、さまざまな体験できるチャレンジ試遊コーナー、お子さま向けの企画コーナーなどか用意される、ゲームファンのためのお祭りなのだ。 詳しくはPlayStation祭公式サイトを参照してほしい。

 今年の東京ゲームショウでは、そのお祭り気分を盛り上げるため、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ブース内の特設ステージにおいて、PlayStaion祭の名を冠したショーがいくつも用意されているのだ。その第一弾が、17日の12時45分から行われた、『New みんなのGOLF』の真剣勝負。ステージゲストとして登場したのは、ゴルフ大好きな遠藤章造さん、元プロ野球選手の石井一久さん、そしてお笑いコンビ・ニューヨーク。この4人による“チームよしもと”と、ブース内の『New みんなのGOLF』試遊台で来場者に操作方法を解説している女性コンパニオンのみなさんが対戦した。

よしもと芸人のみなさんが登場し、PlayStation祭が華々しくスタート
よしもと芸人のみなさんが登場し、PlayStation祭が華々しくスタート
[画像のクリックで拡大表示]
勝負の前に、なぜかゴルフそっちのけで釣りを楽しむ吉本芸人のみなさん
勝負の前に、なぜかゴルフそっちのけで釣りを楽しむ吉本芸人のみなさん
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、ステージに登場するのはお笑い芸人のみなさん。勝負の前に、ゴルフ場で釣りを始めてしまったり、カートを暴走させたり、出会った人にガッツポーズを続けたりと、ゴルフに関係ない行動をして来場者を笑わせ続け、さりげなく、いろいろなことができちゃうゲームであることをアピール。こうして、真剣勝負に負けたほうがオイシイ、という状況を着々と積み上げていったのだ。

 しかし、その後に行われた真剣勝負の結果は、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也さんの活躍により、“チームよしもと”が勝利しすることに。コンパニオンたちに勝ってほしい、という会場および中継していたニコニコ動画でのアンケート予想すら裏切る結果となり、「爪痕の残し方、失敗しました……」と嶋佐和也さんが恐縮する一幕となった。

4対4の勝負は“チームよしもと”の勝利。活躍してしまった嶋佐和也さんは恐縮しきり
4対4の勝負は“チームよしもと”の勝利。活躍してしまった嶋佐和也さんは恐縮しきり
[画像のクリックで拡大表示]
最後は、みんなで『New みんなのGOLF』をアピールし、ステージは幕を閉じたのだった
最後は、みんなで『New みんなのGOLF』をアピールし、ステージは幕を閉じたのだった
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/野安ゆきお)