今年のゲームショウで最もホットな周辺機器である「PlayStaion VR」(PSVR)。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ブースでは、PSVRの試遊台が20用意され、14タイトルがプレー可能になっていたぞ。ビジネスデイの試遊コーナーは朝から超満員となり、時間いっぱいまで予約で埋まっていたのだ。

これがPSVR。装着すると視界がすっぽりと覆われ、ゲームの世界にすっぽりと浸れてしまう
これがPSVR。装着すると視界がすっぽりと覆われ、ゲームの世界にすっぽりと浸れてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 試遊コーナーでは、マンツーマンでコンパニオンの方がヘッドセットの装着方法をやさしく教えてくれる。その後、それぞれのゲームのプレー方法をレクチャーしてくれるぞ。視界をゴーグルで覆ってしまった後も常に横にいてくれるので安心していい。事前に依頼しておけば、手渡しておいたスマホなどで、プレーしている最中の様子を撮影してくれるようだ。気兼ねなく頼んでしまおう。

モデルとして、コンパニオンさん自身に装着してもらった。こうして椅子に座ってプレーするのだ
モデルとして、コンパニオンさん自身に装着してもらった。こうして椅子に座ってプレーするのだ
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、ゲームショウのコンパニオンといえば女性が定番だが、今年のSIEブースには、爽やか系男子のコンパニオンも数多くいる。男子に手取り足取りゲームのレクチャーを受けたい人は、PSVRの試遊コーナーがオススメかもしれないぞ(?)。