SIEブース内のPlayStaion 4の試遊コーナーには、21タイトルのゲームが出展されてる。80台以上の試遊台を用意し、「とにかく、より多くの人にプレーしてほしい」という意思を感じる構成だ。その中でも、とりわけ多くの注目を集めていたタイトルを中心に、ブース内の熱気を紹介しよう。

 ブース内で最も混雑していたのが『Horizon Zero Dawn』(SIE/2017年3月2日発売)の試遊コーナー。ブース内で最多クラスの8台の試遊台が用意されていたが、常に待ち時間は最長だった模様。動物の姿を模した機械たちに支配された地球で、古の遺物や謎に満ちた建造物が点在する世界を探索するという、かつてないスケールのアクションゲームに多くの人が注目していた。

今年の東京ゲームショウの人気タイトル『Horizon Zero Dawn』。動物の姿を模した機械たちと戦い、地球の真実を探していくゲーム
今年の東京ゲームショウの人気タイトル『Horizon Zero Dawn』。動物の姿を模した機械たちと戦い、地球の真実を探していくゲーム
[画像のクリックで拡大表示]

 もうひとつ、待ち時間でトップクラスだったのが、11月に発売を控える『FINAL FANTASY XV』(スクウェア・エニックス/11月29日発売)。スクウェア・エニックスブースにも出展されていることを考慮すると、東京ゲームショウで最も多くの人にプレーされているタイトルかもしれない。その圧倒的な映像美に、多くの人が魅了されていた。

シリーズ30周年を超え、さらなる進化を遂げる『FINAL FANTASY XV』。今回はオープンフィールドのRPGだ
シリーズ30周年を超え、さらなる進化を遂げる『FINAL FANTASY XV』。今回はオープンフィールドのRPGだ
[画像のクリックで拡大表示]
『FINAL FANTASY XV』が同梱される新ハード「PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION」も展示されている
『FINAL FANTASY XV』が同梱される新ハード「PlayStation4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION」も展示されている
[画像のクリックで拡大表示]