新しい「ワクワク」は、「モンスターに乗って、一緒に行動」

――最新作の『モンスターハンター ストーリーズ』ではどのようなワクワクを用意したのですか

「モンスターハンター」シリーズ、ヒットの秘訣~カプコン 辻本良三氏(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「モンスターハンター」シリーズ初のRPG、『モンスターハンター ストーリーズ』 (C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

辻本: 実は「モンスターハンター」シリーズで一番人気のあるキャラクターは、狩る対象のモンスター達です。『モンスターハンター ストーリーズ』は、このモンスターを題材に、アクションゲームではなくRPGとして企画しました。人気のあるモンスターと行動をともにできるというのは、一つのワクワクですよね。開発中に出来上がってくるイメージイラストや、動きがついたものを見た時には、僕自身「あぁ、モンスターに乗れている!」とワクワクしましたよ。

――RPGにする手応えを感じたのではないですか

辻本: そうですね。自分達が見て、またテストプレーしてワクワクできましたので、ユーザーの皆様にも、楽しんでもらえると自信を持ちました。

――ワクワクしてもらいたいという思い以外に、RPGで企画した意図はありますか

辻本: 「モンスターハンター」は、これまでカプコンが得意としていたアクションゲームとして制作したのですが、シリーズ化を進める中で、「モンスターハンター」に興味はありながら、アクションが苦手でプレーしないという方や、この世界観が好きな方にストーリーもガッツリ感じてもらえるようなものを作りたいという思いがあったんですよ。新たにタイトルを作るのであれば、アクションゲームではなく、別のジャンルで新たな柱を作ろうと。そのため、今回はRPGを採用しました。

多面展開で「モンスターハンター」のキャラクターをフルに生かしたい

――「モンスターハンター」シリーズはこれまでもさまざまなハードウエアの変遷に応じて、作品を提供してきています

辻本: ハードウエアの進化には、ゲームを作りやすくしてくれるという利点があります。それとともに、ユーザー環境の変化というものが、ゲーム開発には大きく影響してきます。例えば、今でこそWi-Fi環境が整備されていますが、少し昔でしたらWi-Fiに対応したゲームを開発しようにも、インフラが整っていないため、困難でした。それが今では実現できる。ハードウエアの進化とともに、それを活用できるような環境が整ってくると、できることの幅が増え、夢が広がります。

――一方で、VR(バーチャルリアリティ)についてはどのようにお考えですか?

辻本: 今僕に具体的なアイデアがあるわけでないですが、夢はあると思います。臨場感をすごく味わえるものなので、ゲームを制作するときには、それに合わせた設計が必要です。ただ、VRはゲームに限らずいろいろな活用ができるはずですよね。プロ野球選手の投げる球を、自分が打席に立って臨んでみたい、という夢を持つ人も多いでしょう。それを実現できるのがVRです。ゲームももちろんそうですが、エンターテインメント全体で活用されていくと思います。

――「モンスターハンター」シリーズはゲームだけではない広がりを見せています。今後についてどのようにお考えでしょうか?

辻本: 「モンスターハンター」はゲームからスタートしたIP(Intellectual Property=知的財産)です。これまでもこのタイトルでいろいろなことにチャレンジしてきました。『モンスターハンター ストーリーズ』では、アクションゲームからRPGへ展開したように、さらに違うジャンルも作り、より広い人達に届けたいという思いもあります。また「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」さんでは、ゲームとして初めて「モンスターハンター」を扱っていただき、2011年以来コラボレーションイベント「モンスターハンター・ザ・リアル」を数回開催しています。テレビでは、『モンスターハンターストーリーズ RIDE ON』というアニメ番組の放送も開始しています。

――これから、どのような新作が登場するのでしょう

辻本:先日発表したのですが、2017年3月18日(土)に、ニンテンドー3DS向けゲーム『モンスターハンターダブルクロス』を発売します。前作『モンスターハンタークロス』にさらに新たな要素をクロスさせた作品です。前作を遊んでいた方は、セーブデータをほぼ引き継いで遊んでいただけます。もちろん、このタイトルから遊んでいただく方にもたっぷり楽しんでいただける内容になっていますので、ご期待ください。また、『モンスターハンター ストーリーズ』とのセーブデータ特典も用意しておりますので、ぜひ両タイトルとも遊んでいただければと思っております。

 それと、ハリウッドで実写版の映画プロジェクトも進めています。詳しくはまだお話できないのですが、順次発表できればと考えています。「モンスターハンター」はゲームとして今後も続いていきます。そしてゲームから発信したIPがどこまでたどり着けるかその限界を追究してみたい。ゲームを軸に「モンスターハンター」をもっと広くアピールすることで、いつしか日本を代表するIPに成長させたいと思っています。トレンドエキスポでは、その辺のことも話せたらなと思っています。

(文/松崎祥悟、写真/シバタススム)

辻本良三氏が登壇するセッションに申し込む
「モンスターハンター」シリーズ、ヒットの秘訣~カプコン 辻本良三氏(画像)