VRゲームは体験性とゲーム性の両立が課題

――VRでないゲームの開発とVRゲームの開発の両方を経験されてきたわけですが、両者の大きな違いは何でしょうか?

小林: VRではまず“体験”が大事だと考えています。後ろから何かが迫ってくる迫力や、物をつかんで動かすといった、VR空間内で味わえる“体験”が素晴らしい。

 しかしゲームとして“ゲーム性”を強くしようとすると、“体験性”が薄れがちです。逆に“体験性”を強くしようとすると、“ゲーム性”が薄れやすい。この体験性とゲーム性のバランスを考えて開発するところが、VRではないゲーム開発との大きな違いです。

 今はまだ、体験性とゲーム性のどちらかに重点を置いて開発したらいいのか悩んでいます。体験性の強いコンテンツだと短時間体験しただけで終わってしまうし、ゲーム性の強いコンテンツだとVRである必要性が弱い。長時間没入できて“コレが遊びたいからHMDを買う”となるようなキラーコンテンツは、この体験性とゲーム性の両輪がそろったものだと思います。そうしたコンテンツは来年から出てくるでしょう。

――VRコンテンツの開発を通じて、現在のVR業界について問題を感じている部分はありますか?

小林: 例えばハードウエアなら、HMDの無線化ができないかと思います。ケーブルがついていると動きが制限されるので。HMDの解像度も人間の目の能力に比べればまだまだ低い。

 しかし一番の問題は、まだ問題点の議論が始まっていないことです。もう少し時間がたってVRが普及してくれば、広く一般のユーザーさんからVRはこうあるべき・こうして欲しいといった要望が出てくるでしょう。そうした問題提起と議論があってこそ、これからの進歩があるのではと思います。

VRのキラーコンテンツを常に考えている~コロプラ 小林傑氏(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

――これから、どんなVRゲームを考えていますか?

小林: 色々なジャンルにチャレンジしようと思っています。格闘、パズル、スポーツなど色々なゲームを作ってきましたが、それをさらに広げて、例えばレースゲームやFPSゲームなどを作りたいと考えています。

 現在のVRコンテンツは小規模で開発期間も短いものが中心です。今後はPCゲームやスマートフォンゲームのように、基本プレイ無料でゲーム内課金アイテムがあり、長期間遊べるようなVRゲームが間違いなく出てくるでしょう。そのための準備も進めていきます。グラフィックなどにこだわったハイエンドなVRゲームもやっていきたいと思います。

(構成/湯浅英夫、写真/シバタススム)

小林傑氏が登壇する「VRが開くコンテンツの未来~超体感ゲームとその先~」