自動運転ではなく、「事故ゼロ」を目指す

――クルマの安全性向上に、自動運転技術を活用するということでしょうか。

岡島: まず、TRIの4つの目標を紹介しましょう。トヨタは、自動運転のためだけにTRIを設立したのではありません。事故を起こさないクルマのほかに、「これまでより幅広い層の人々に運転の機会を提供する」「モビリティ技術を活用した屋内用ロボット開発」「AIや機械学習の知見を利用し、科学的・原理的な研究を加速」といった目標があります。

 これらの目標を、いまTRIが考えている「言葉」で説明すると、こうなります。交通事故ゼロを目指したい、これはトヨタが考えるクルマ作りの基本です。これを実現するために、いろいろな安全性を高める機能や装備を作り、「ドライバーをサポートするクルマ」を目指します。そこで自動運転という発想も出てくるのですが、ドライバーから運転する機会を奪うものにはしたくないのです。運転する喜びもあり、そして安全性も高められる自動運転、これをトヨタ、TRIは目指しているのです。

 クルマには、移動手段という単純明快な用途があり、その一方で、性能やデザイン、装備に幅があり趣味性が高いという一面もあります。この両方を満たすため、自動車メーカーとして日々開発していますが、そこに自動運転技術を加えることで、運転が楽しくできるのかどうか。ここがTRIの大きな研究課題となります。

 ドライバーに運転の楽しさを提供するのはもちろんですが、運転が苦手な人でも、自動運転機能がアシストすることで、自然と運転が上手になり、ドライブすることが喜びに変わるようにしたい。事故防止も、ABSやスピン防止といった既存機能に、AIによる先読み、自動運転による事故回避といった機能があれば、これまでより安心して、安全なドライブを楽しめます。

 日本をはじめとする先進各国はこれから、高齢化が進みます。高齢者は視力や認知判断力が衰え、運転免許を返上する、クルマを運転しなくなる、ということになります。その結果、なにが起きるでしょう。高齢者はそれまで以上に家から外へ出なくなり、体力は衰えます。高齢者でも運転できるクルマ、そのための自動運転があれば、外出する機会も増えることになります。この「安全性」と「アクセシビリティ」を高めることが、TRIが目下目指している自動運転の在り方の一つです。

TRI設立時のメンバー。後列中央に、ギル・プラット博士。その左側にいるのが岡島氏
TRI設立時のメンバー。後列中央に、ギル・プラット博士。その左側にいるのが岡島氏
[画像のクリックで拡大表示]

安全性を高める開発は容易ではない

――安全性の向上は必須ですが、取り組み甲斐のある課題です。

岡島: 自動運転実用化は、「多くの困難」を可能にする開発です。トヨタは毎年、約1000万台のクルマを販売しています。10年間で1億台です。この1台1台が年間1万キロ走るとすると、合計で年間1兆キロ走ることになります。一番の困難はこの1兆キロの信頼性を、どのようにして確保すればよいのか。人工知能はそこにどのように貢献できるのか。

 クルマは世界各国で走っています。必ずしも日本のように整備された道路ばかりではありません。道路のセンターラインや区分線を認識する機能を自動運転が使ったとしましょう。センターラインがない、または消えてしまった道路ではどうすればよいか。AIが囲碁のプロ棋士に勝つように、自動運転もありとあらゆる可能性を検討し、瞬時に判断できるようにしなくてはなりません。その判断とは何か、どのような行動を起こすようにプログラムし、それに対応するクルマを作ればいいのか。課題はたくさんあります。

 今後、ますますインターネットは普及し、クルマも常時インターネットに接続している時代が来るでしょう。その時に得られる情報をAIが学習し、安全性を高める機能と組み合わせることができれば、自動運転技術も使った新しいクルマとの生活が得られます。それはどのような社会になるのか、トレンドエキスポの講演でお話しできればと思っています。

(構成・文/持田智也、画像提供はすべてトヨタ自動車)

岡島博司氏が登壇する「AI(人工知能)とクルマが変える、人々の暮らし」に申し込む