2016年2月のモバイル機器の見本市「Mobile World Congress 2016(MWC)」で大きな注目を集めたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ear(型名:XEA10)」が日本で正式発表された。2016年11月18日発売で、実売価格は2万円前後を予定する。

ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear」。本体(左)と充電に対応した専用ケース(右)。スマホの対応OSはAndroid 4.4以上で、専用アプリの提供もAndroid版のみ。iOSは非対応となる。カラーはグラファイトブラックのみ
ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートプロダクト「Xperia Ear」。本体(左)と充電に対応した専用ケース(右)。スマホの対応OSはAndroid 4.4以上で、専用アプリの提供もAndroid版のみ。iOSは非対応となる。カラーはグラファイトブラックのみ
[画像のクリックで拡大表示]

 Xperia Earは、一見すると片耳タイプの一般的なBluetoothヘッドセットのような製品だが、専用アプリと組み合わせることでスマホのさまざまな機能をサポートする。例えばメッセージの送受信やスケジュールの確認、ニュースのチェック、情報検索などを音声でできるようになる。

 移動中や仕事中などスマホを取り出しづらいシーンでの利用を想定したアイテムという意味では、スマートウォッチに近い製品。さしずめ「スマートイヤホン」といったところだろう。

本体の重さは約6.6gと小型で軽量。左右どちらの耳に着けても利用できる。Bluetooth 4.1を搭載し、NFCに対応
本体の重さは約6.6gと小型で軽量。左右どちらの耳に着けても利用できる。Bluetooth 4.1を搭載し、NFCに対応
[画像のクリックで拡大表示]
Xperia Earの装着イメージ
Xperia Earの装着イメージ
[画像のクリックで拡大表示]