修理されたパソコンの受け取り

 指定された時間に埼玉サービスセンターに行き、受付のチャイムを鳴らすと、今回は先ほどと同じ担当者が修理の完了したパソコンを持ってきてくれたが、シフトによっては変動があるそうだ。しかし、前述した通り各グループごとに連携を取りながら、迅速に作業を進めているので、大切なパソコンを預けるのも安心だ。無償修理期間内の場合は、修理受取証にサインしてパソコンを受け取るだけ。有償修理の場合はパソコンを預けて、診断後、修理価格の連絡が入るので、その金額を支払い受け取る。

サービスセンターの玄関まで担当者が修理の完了したパソコンを持ってきてくれる
サービスセンターの玄関まで担当者が修理の完了したパソコンを持ってきてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 埼玉サービスセンターには、多いときには1日4〜5件の持ち込みがあるそうだ。即日修理を望まなくても担当者に実機で不具合を説明できるので、的確なサポートを受けられる。修理品を持ち込んで、修理後、自宅に配送してもらうこともできる。

 なお、埼玉サービスセンターまで行けないという人は、宅配便などでパソコンを送って修理してもらうことになるが、パソコンは1日でも早く手元に戻ってきてほしいもの。そういうユーザーの願いを受けて、マウスコンピューターでは96時間修理を実現している。次回は迅速な修理を実現するサービスセンターの仕組みをレポートしてみたい。

(文/滝 伸次)