ソニーの“顔”を捨てたレコーダー、狙いは?(画像)

現在、レコーダー市場は縮小傾向で、買い替えが約8割。そして2016年は、2011年のアナログ停波のころにレコーダーを買った人の買い替え需要が盛り上がる年と見られる。そのタイミングで、ソニーは長年、同社のAV機器と合わせてきたブルーレイレコーダーのユーザーインターフェースを一新した。その狙いとは何か? また、テレビが面白くなくなったと言われる時代に、レコーダーの果たす役割は何か? 第3回は、ソニーが考えるレコーダーの変化を取材した。

 ソニーは2016年4月30日に発売したブルーレイディスクレコーダー(BDレコーダー)の新機種「BDZ-ZTシリーズ」「BDZ-ZWシリーズ」で、ホーム画面などのユーザーインターフェース(UI)を一新した。これまで採用していた「クロスメディアバー」と呼ばれるUIは、ダークカラーを背景にデザイン性にも富んだもの。一方、新しいUIは、「録画する」「視聴する」「削除/編集」などレコーダーの基本機能に大きめのアイコンを付けて横に並べたシンプルなものだ。

 従来のソニーのレコーダーを知る人ならば、ホーム画面を見るや「これがソニーのレコーダー!?」と驚くかもしれない。というのも、クロスメディアバーは、長年にわたり、テレビやPlayStation 3などとも共通で採用してきた同社製AV製品の“顔”ともいえるUI。それを捨てて、新たなUIを取り入れたのはなぜなのか? 同社のホームエンタテインメントプロダクツマーケティング部ホームビデオMK課マーケティングマネジャーの今井信祐氏に話を聞くと、近年、ソニーのレコーダーが抱えていた課題とレコーダーの取り巻く環境の変化、それを踏まえてソニーのレコーダー開発チームが取った選択が見えてきた。

新しいホーム画面はシンプルな構成。上下2階層に分かれていて、上の階層でやりたい事を選ぶと、下の階層にそのための機能が表示される
新しいホーム画面はシンプルな構成。上下2階層に分かれていて、上の階層でやりたい事を選ぶと、下の階層にそのための機能が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
クロスメディアバーは、テレビやPlayStation3など、ソニーのAV機器で長年採用されてきたUI。横軸でカテゴリー、縦軸で機能を選ぶ
クロスメディアバーは、テレビやPlayStation3など、ソニーのAV機器で長年採用されてきたUI。横軸でカテゴリー、縦軸で機能を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

クロスメディアバーは複雑になりすぎた

 レコーダー市場は2011年のアナログ停波需要以降、縮小を続けている。売上のうち、新規購入は2割弱と少なく、買い替え・買い増しが8割以上を占めている。「BCN AWARD 2016」のデータによると、2015年のBDレコーダーのシェアは1位のパナソニックが39.7%、2位のシャープが24.5%、ソニーは3位で22.4%。上位企業でパイを奪い合う状況だ。そして、2016年は2011年頃に購入した層の買い替え需要がやってくるタイミングとなる。

 こうした買い替え需要が見込める状況の中で、新モデルが重視したのは使いやすさだ。レコーダーというと、かつては起動の速さなどが重視されていたが、「アンケートなどの結果から、今のユーザーが重視しているのは、番組を“探す”“録画する”“録画した番組を見る”という、基本機能の操作性だと分かった。新モデルでは、こうしたレコーダーの本質的な部分を見直すことにした」(今井氏)。

 そんな中、改革の対象になったのが、クロスメディアバーだった。クロスメディアバーは、横軸に機能のカテゴリーが、縦軸に各カテゴリーの具体的な機能が並び、縦・横にカーソルを移動して操作を選ぶ。使いこなせると便利なUIで、ファンが多いが、万人向けとは言い難い。一覧性に欠けるため、慣れない人にはどこにどんな機能があるのか分かりにくいのだ。「長年に渡って機能の追加を重ねてきたことで、カテゴリーと操作メニューの階層は深く複雑になり、必要な機能を探しだせないという声もあった」(今井氏)。

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT」シリーズ。3番組同時録画に対応したハイグレードモデルで容量2TBの「BDZ-ZT2000」(実売価格8万3000円前後)と、容量1TBの「BDZ-ZT1000」(実売価格7万円前後)。2番組同時録画対応のスタンダードモデルは容量1TBの「BDZ-ZW1000」(実売価格6万円前後)と、容量500GBの「BDZ-ZW500」(実売価格5万円前後)で、いずれも4月30日発売
ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT」シリーズ。3番組同時録画に対応したハイグレードモデルで容量2TBの「BDZ-ZT2000」(実売価格8万3000円前後)と、容量1TBの「BDZ-ZT1000」(実売価格7万円前後)。2番組同時録画対応のスタンダードモデルは容量1TBの「BDZ-ZW1000」(実売価格6万円前後)と、容量500GBの「BDZ-ZW500」(実売価格5万円前後)で、いずれも4月30日発売
[画像のクリックで拡大表示]

普通ゆえの分かりやすさを重視

 新しいUIを決めるに当たっては、レコーダーに詳しくない層からマニア層まで、ユーザーがどの機能を本当に使っているのかを調べ、1画面に収まるホーム画面に落とし込んだ。ホーム画面は上下2つの階層に分かれており、上の階層でやりたいこと――「録画する」「試聴する」「削除/編集」「ダビング」「設定/お知らせ」――を選択すると、下の階層にそのための具体的な機能が表示される構成。文字やアイコンもシンプルで見やすく、色も無難な白系にした。録画した番組を一覧表示する「録画リスト」も、ジャンルから各番組を探せるようにした。「一見普通のデザインのほうが、これまでソニーのレコーダーを使っていない他社製品のユーザーから見ても、直感的で分かりやすく感じる。乗り換え需要も見込める」(今井氏)。

 ただ、ソニーの機器らしからぬ“普通”のデザインにすることで従来のファンが離れてしまう怖れはないのか。今井氏は、「クロスメディアバーの熱心なファンは多いので、その指摘はよく分かる。だから、クロスメディアバーのファンの人たちにも実際に操作してもらい、使い勝手を確かめてもらった。その結果、これなら使えるという声を多くいただけた。UIはシンプルになったが、従来からあった機能はほぼ引き継いでいる」と説明する。

 大胆にUIを変えたのは、BDレコーダーの便利な機能をもっと使ってほしいという思いもある。

 顕著な例が「みんなの予約ランキング」だ。これはソニーのレコーダーの利用者や、ソニーのスマホ向け番組表アプリ「Video & TV SideView」の情報を基に、ユーザーの多くが録画予約をしている番組をランキング表示で教えてくれるというもの。

 「他の人が注目している番組に目を向けることで、自分は知らなかった注目の番組、興味のありそうな番組に気づくことができる。見逃したり録画し損ねたりといったことを減らせる」(今井氏)。特別番組や人気映画の地上放送などはもちろんだが、以前、アイドルグループのSMAPが番組内で独立騒動についてコメントすることが発表された途端、その番組のランキングがグングンと上昇し、上位にランクインしたときなどは、このみんなの予約ランキングで気づいた人も多かっただろう。

予約ランキングを見ることで、存在を知らなかった番組に気づきやすくなる。ランキングはジャンル別に表示できる
予約ランキングを見ることで、存在を知らなかった番組に気づきやすくなる。ランキングはジャンル別に表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

チャンネルが増えすぎて番組を探せない

 実は、みんなの予約ランキングは2014年11月のモデルから同社のレコーダーに搭載していたのだが、これまでレコーダーでの利用率は低かった。「せっかく便利な機能でも複雑になったクロスメディアバーの中では埋もれてしまい、ユーザーが気づいていなかったのだと思う」(今井氏)。

 実際、同様の機能を持つスマホ向け番組表アプリ「Video & TV SideView」での利用率はユーザーの約9割に至る。しかもその半数は、みんなの予約ランキングから番組詳細画面まで見ているという。これは、Video & TV SideView内のみんなの予約ランキングから番組を探すユーザーが多いということだ。

 Video & TV SideViewは、外出先からテレビ番組を録画予約したり自宅のレコーダーで録画した番組を持ち出したりするためのアプリだ。従来の発想では、見たい番組を録画予約し忘れたのを思い出して、外出先から予約するという利用シーンが連想される。だがそれだけでなく、外出先での空き時間になんとなくVideo & TV SideViewを立ち上げ、予約ランキングを見て、そこで見つけた気になる番組を予約するパターンもかなりあると見ている。

 この状況について、「今は、見る番組が多すぎる」と今井氏は指摘する。かつては地上波だけだったテレビはBS/CSなど衛星放送、ケーブルテレビなどが増え、さらにネットの動画配信サービスなども加わって、ユーザーが選べるチャンネル、番組の数は膨大になっている。

 「昔は新聞のテレビ・ラジオ欄を見て録画予約していた。しかし今は、それでは見たい番組を探せない。ユーザーからも『面白い番組がない』という声をよく聞くが、見たい番組を見つけられなくて半ばあきらめている側面もあるのではないか」(今井氏)

番組表では番組タイトルを省略せず、すべて表示。番組内容の表示量も増やして番組を見つけやすくした。大画面テレビを使う人は文字サイズを小さくすることで、一覧性を高められる
番組表では番組タイトルを省略せず、すべて表示。番組内容の表示量も増やして番組を見つけやすくした。大画面テレビを使う人は文字サイズを小さくすることで、一覧性を高められる
[画像のクリックで拡大表示]

 事実、テレビの視聴時間が減少していると言われているが、それはリアルタイムで見ている時間のことで、録画して視聴する時間は逆に延びており、レコーダーの使用時間は延びているともいう。とりあえず録画だけしておいて、後で見るか判断するという人が増えているのだ。

 「探せないものに対してどうサポートしていくかは一つの課題」と今井氏。この問題には、他社もそれぞれに取り組んでいる。例えば、パナソニックは「全自動DIGA」という機能で、28日間分の番組を“すべて録画する”方法を採用している。一方で、NHKが運営する「NHKオンデマンド」や在京民放5局が提携した「TVer(ティーバー)」のように見逃した番組を後から視聴できるオンデマンド配信サービスもある。

 今井氏は「過渡期だ」と前置きしたうえで、「全部録画すると、後から探すのが大変で、録ったはいいが見ないといういこともある。オンデマンド配信は、見たい番組をユーザーが能動的に見行かなければならない。僕らとしては、“録りたいものだけ録る”というスタンスでやりたいと思っている」。

ソニーのホームエンタテインメントプロダクツマーケティング部ホームビデオMK課マーケティングマネジャーの今井信祐氏
ソニーのホームエンタテインメントプロダクツマーケティング部ホームビデオMK課マーケティングマネジャーの今井信祐氏
[画像のクリックで拡大表示]

 現在は、新たに押し出すみんなの予約ランキングに、タレント名やキーワード、ジャンルを登録すると関連番組を自動録画してくれる「おまかせ・まる録」を併せることでそれは可能だと考えている。

 ユーザーのライフスタイルやメディア環境の変化で逐次変わるユーザーとテレビの付き合い方。レコーダーはただ見たい番組を後で見るためのものではなく、テレビとの付き合い方まで提案するフェーズに入っているようだ。

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)