投影するだけじゃない、触って操作できるプロジェクター

 自宅などで使うことを想定して作られているのがXperia Projectorだ。辞書ほどのサイズの小型プロジェクターで、背面を壁に密着させて使う。内部はAndroid OSで動いており、ネットワークでクラウドと接続。クラウド上に保存された写真、カレンダー、テレビ電話の通話先リストなどを壁に投影する。

 面白いのは、投影されている画像や文字に指で直接触れて操作できることだ。例えば、画像を指先でタップするとその写真を選択できたり、左右にスナップすると画面を切り替えたりできる。壁に密着させる側に赤外線を照射する機構が、手前側に赤外線カメラが内蔵されており、壁に指を当て影ができると、その影を赤外線カメラが捉えて指の動きを認識する仕組みなのだという。

ソニーのXperiaはスマホの名前ではありません(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーのXperiaはスマホの名前ではありません(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
壁に密着させると、壁に情報が投影される。投影部分のサイズは23インチ。指でタップしたりスナップしたりして操作する。白いテーブルなどに置いてもOK

 フロントにはカメラも付いていて、プロジェクターの前に立った人の顔を認識し、その人に合わせた情報を表示することもできる。「Xperia ProjectorはXperia Earと違い、家族などで共有するイメージ。指で壁をなぞるように文字を書いて、メモを残したりすることもできる」(近藤氏)。

上面壁側の青白く光る棒状の部分から赤外線を出す。手前の四角い部分はプロジェクターと赤外線カメラが内蔵されている。前面の丸い黒い部分がカメラ
上面壁側の青白く光る棒状の部分から赤外線を出す。手前の四角い部分はプロジェクターと赤外線カメラが内蔵されている。前面の丸い黒い部分がカメラ
[画像のクリックで拡大表示]