ソニーが失いかけてきたブランド力を取り戻すために必要なのは、製品のアイデアや開発力だけではない。その製品の魅力を消費者に知ってもらう機会やコミュニケーション力も欠かせない。それゆえ、ソニー製品の販売を担当するソニーマーケティングは、マーケティング戦略を見直し、直販店である「ソニーストア」での商品展示や販売にも力を入れ始めた。その結果は“数字”に表れ始めている。第5回目は、ソニーの販売戦略に注目する。

 ソニーは2016年4月1日、福岡・天神に直営店「ソニーストア福岡天神」をオープンした。2004年に大阪・梅田に出店したのを皮切りに、2009年に東京・銀座、2010年に名古屋・栄と出店を進め、この福岡・天神が4店舗目。札幌への出店も検討しており、現在物件を探しているところだという。

 ソニーにとって、ソニーストアは、ソニー製品の情報を発信したり、購入後の満足度を高めるための拠点だ。ソニーの取材をする中で、製品開発の担当者からも「消費者が製品に触れる機会は大切。使い勝手や満足度を左右する機能は実物を見てもらわないと伝わりにくい」という声が複数聞かれた。その最前線となるのが、ソニーストアなのだろう。

 ソニーマーケティングの河野弘社長は、「ソニーファンを増やすことが我々の仕事。そのためには、製品の本質価値に加えて、顧客体験価値の最大化を図る必要がある」と語る。ソニーマーケティングは、テレビ、オーディオ、カメラ、ビデオなどソニーのコンシューマAV製品の販売、マーケティングを行う企業。2016年4月からは、日本における販売、マーケティング機能に加えて、全世界の販売、マーケティングに関する本部機能を統合。販売オペレーションを一本化した。

ソニーストアでの“体験”でソニーファンを呼び戻す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーストアでの“体験”でソニーファンを呼び戻す(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
2016年4月にオープンした「ソニーストア福岡天神」。木目調の展示台で統一し、ウォークマンやヘッドホン、デジタルカメラ、テレビなどが並ぶ
ソニーマーケティングの河野弘社長
ソニーマーケティングの河野弘社長
[画像のクリックで拡大表示]