質の高いコンテンツとは? そもそもクオリティとは? 人が面白いと感じるのはなぜ?――。『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者「Mr.トルネード」「えん罪弁護士」』など、独自の切り口のテレビ番組を企画・制作するNHKエデュケーショナルの佐々木健一氏が展開する異色のコンテンツ論。
  • 第46回
    2019.03.18
    誤解や偏見を招く内容のほとんどは「取材不足」が原因
    なぜ、取材をしなければならないのか?――。マスコミ業界の人間として日々仕事をしていると、こんな疑問を抱く人はそう多くないかもしれない。しかし、情報があふれるなか、改めて考える必要があるのではないだろうか。
  • 第45回
    2019.03.04
    社内の企画会議で“斬新なアイデア”が生まれない合理的な理由
    会議という場で度肝を抜くほどの突き抜ける案が導き出された場面をあまり見かけない。それは一体、なぜなのか。その理由は「メンバーの同質性」にあった。
  • 第44回
    2019.02.18
    良いアイデアは「制約」と「必然性」から生まれる
    どうしたら良いアイデア(企画や演出)が生まれるのか? 私は自らの番組制作の経験上、大きく分けて二つの要素が大切だと考えている。
  • 第43回
    2019.02.04
    分かりやすさ至上主義の弊害「分かっても大して面白くない現象」
    テレビ業界では「分かりやすさ」を過剰に追求した結果なのか、不思議な現象が起きている。それは「分かったところで大して面白くない」とでもいうべき現象だ。
  • 第42回
    2019.01.21
    ドキュメンタリーで事前に「構成」を練るのは“悪”なのか?
    ドキュメンタリーは事前に構成を練ると台本通りになり、予定調和に陥る。こう捉えている業界人は少なくない。しかし、こうした見立ては本当に正しいのだろうか。
  • 第41回
    2019.01.07
    名作コンテンツに共通する「三幕構成」の知られざる本質とは?
    映画やドラマ、小説やマンガなどあらゆるジャンルの名作コンテンツには「三幕構成」という共通する構造がある。また、三つの幕の作品全体に占める割合はほぼ「1:2:1」となる。
  • 第40回
    2018.12.25
    プロなら「思い」より「技術論」を語れ!
    「番組を見て、ただ『面白かった』と言うヤツなんてプロじゃない! やたらと『番組は、作り手の“思い”が大事だ』なんて言うヤツもニセモノ」。大先輩の発言の真意とは?
  • 第39回
    2018.12.10
    ドキュメンタリー業界の“密着信仰”に違和感
    テレビ番組制作者の多くが「密着すれば人間が描ける、何かが起きる」と捉えている。しかし、果たしてそれは本当だろうか? 
  • 第38回
    2018.11.26
    ドキュメンタリーにも必ず「演出」はある
    恋人への“サプライズ演出” など一般の人も日常生活の中でよく行っている「演出」。相手の反応を予測しながら、ある状況を意図的に設定し、準備を念入りにして行うものだ。つまり、「演出」とは“状況設定”なのだ。
  • 第37回
    2018.11.12
    業界人の間でも根深い「ドキュメンタリー=ありのまま」幻想
    ありのままの現実を捉えるのがドキュメンタリーと言われても違和感を覚えないかもしれないが、ドキュメンタリーであっても作り手の作為が介在しないことはあり得ない。
  • 第36回
    2018.10.29
    「クリエイティブな人材」を育むには? 意外な人間心理
    いい仕事をするには、何より「モチベーション(動機付け)」が重要だ。では、どんな動機付けが、クリエイティブな仕事や人材を育むのだろうか? その答えは意外な人間心理にあった。
  • 第35回
    2018.10.15
    「クリエイティブとは何か?」黒澤明と大島渚の金言
    ビジネスにおいて“クリエイティブ”な発想や仕事が求められる時代になった。しかし、クリエイティブな仕事とはどういうものなのか? 黒澤明、大島渚という2人の巨匠の言葉に耳を傾ければ、答えは自ずと浮かんでくる。
  • 第34回
    2018.10.01
    できる仕事人に共通する「地味にスゴイ取材力」とは?
    日本で活動しているCIAの仕事の大半は、雑誌や新聞、テレビなど巷にあふれるメディア情報の収集と分析――。この都市伝説には“いい仕事をするためのヒント”が隠されている。
  • 第33回
    2018.09.03
    名作『たけし誕生』制作秘話とTVクリエイターの矜恃
    芸人・ビートたけしが師匠である“伝説の浅草芸人”深見千三郎との出会いと別れをテレビで初独白したドキュメンタリー『たけし誕生~オイラの師匠と浅草~』。実は実現するまでには3年以上もかかった作品だ。
  • 第32回
    2018.08.21
    プロも誤解しがちな「人物ドキュメンタリーの醍醐味」
    「被写体との関係性ができていたね」。人物に肉迫したドキュメンタリーについてテレビ業界の人間がよく言う台詞だ。しかし、私は「関係性を築く」という慣用句に違和感がある。
  • 第31回
    2018.08.06
    チャック・ノリスが共産主義を倒した? 東欧の衝撃作
    Netflixでのみ見ることができるルーマニアのドキュメンタリー映画『チャック・ノリスvs.共産主義』。「夏休み中に何か思い出に残るような一作を見たい!」というならぜひ、この作品をオススメしたい。
  • 第30回
    2018.07.23
    笑いが劇場を包むゾンビ映画『カメラを止めるな!』
    低予算でキャストもほぼ無名ながら、都内の上映館では連日満席が続いているゾンビ映画『カメラを止めるな!』。この話題作を、ドキュメンタリー番組『ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」』などを手掛けたNHKエデュケーショナルの佐々木健一氏が分析。
  • 第29回
    2018.07.02
    本棚は語る リアル「99.9」今村核弁護士の雑食主義
    有罪率99.9%という日本の刑事裁判。無罪は約1000件に1件という中で、今村核弁護士はこれまでに無罪判決を14件勝ち取ってきた。彼の本棚からは、その並外れた実績を生んだ地道な努力が垣間見える。
  • 第28回
    2018.06.18
    テレビ界に広がる安易な「ブリッジ演出」に物申す
    最近の日本のテレビ番組は、「構成がダメになっているなぁ」と感じることが多い。それは特に「ブリッジ演出」の多用に表れていると思う。
  • 第27回
    2018.06.04
    “伝える技術”を高める付箋紙活用術「ペタペタ」
    世の中にはなぜ、同じ内容でも、つまらなく話す人と時間を忘れるほど面白く語る人がいるのか? そこには話しぶりの軽妙さだけでなく、「どんな情報をどういう順番で示すか」という“構成力”(ストーリーテリング)の違いが存在する。

関連特集・連載

仕事に使えるパワポまとめ「日経クロストレンド・スライド」
続・世界を変える「イノベー食」
全8回
令和のヒットをつくる人
全18回
森岡 毅氏 特別対談&インタビュー
全3回