●「アウトライン」で作成
●「アウトライン」で作成
図4 枚数が多いなら「アウトライン」で構成を考える。文字を入力して「Enter」キーを押すごとにスライドが追加される(1)。「Tab」キーを押すと項目がすぐ上のスライド内の箇条書きに切り替わる(2、3)。順番の入れ替えはドラッグでOKだ(4)

[Part3]構成を考えて最適のデザインを選ぶ

2015年04月23日
  • ●「アウトライン」モードでスライドを入れ替える
  • 図2 「 表示」タブにある「スライド一覧」ボタンを押すと、すべてのスライドがサムネイル表示される(1、2)。スライドを見ながらドラッグして自在に入れ替えることができる(3)
  • ●「スライド一覧」で作成
  • ●「アウトライン」で作成
  • ●「デザイン」タブでテーマと配色を設定する
  • ●テーマの選び方によっては見えにくくなることも
  • 図7 飾りのないテーマは使い勝手が良く、スライドが広く使える
  • 図8 画面の上に飾りがあるテーマ。この飾りの分だけ画面が狭くなり、要素が増えてくると使いにくくなることもある
  • 図9 プロジェクターは背景を暗くして、文字を明るい色にするのが基本だ。タブレットでは文字がなるべく大きなテーマを選ぼう
  • 図10 文字が見づらいこんなテーマは敬遠したほうがよい