テーマと配色を決めるノウハウ

 プレゼンのスライドは、“読ませる”より“見せる”のが特徴なので、デザインやビジュアルにも気を使っていきたい。PowerPointは、まったく白紙の状態からデザインを作成することもできるが、あらかじめ用意されている「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレートを使うのが手軽だ。

 内容が完成した後でもテーマを切り替えると見栄えをがらりと変更できる(図5)。配色は、完成後に切り替えてもほとんどの場合問題ない。各テーマごとにいろいろな配色のバリエーションが用意されていて、見た目の印象を変えられる。もっとも、濃い色の塗りつぶしを薄い色に変えるのはかなり大変だ。「新しい配色パターンの作成」でできなくはないのだが、最初から目的に近いデザインのテーマを選ぶほうが楽だ。

●「デザイン」タブでテーマと配色を設定する
●「デザイン」タブでテーマと配色を設定する
図5 各テーマの配色はスライド完成後に変更しても問題はほとんど発生しない
[画像のクリックで拡大表示]