メキシコやブラジルの声優のセリフを入れて地域密着型を目指す

――今年の前期に海外で売れた作品は?

松田氏: 新作タイトルとしては、『Rise of the Tomb Raider』と『ジャストコーズ 3』を出しました。特に『Rise of the Tomb Raider』は、お客様からの評価も高く、よく売れています。

 当初はXbox OneとXbox 360で出し、その後Windows版も出して、数字はまだ伸びています。アドベンチャーゲームの中でもクオリティーが非常に高いと思っていますので、成功だったと思います。

――『ジャストコーズ3』も、よかったですか?

松田氏: そうですね。技術的なところで、皆様に若干ご迷惑をかけた点もあったのですが、ゲームの中をプレーヤーが自由に動き回れるオープンワールドで『ジャストコーズ』らしいプレーができると評判になり、たくさん遊んでいただきました。こちらも、まだセールスの伸びが続いています。

――売れる国や地域に、差はありますか?

松田氏: 『ジャストコーズ3』は、ラテン系の地域を強く意識しました。地中海を舞台に、リコ・ロドリゲスというラテン系の主人公が出てくるゲームなんです。中南米地域、特にブラジルやメキシコでは急速にゲームマーケットが立ち上がっており、家庭用ゲーム機の需要が高い。そうしたニーズを受けて、『ジャストコーズ3』ではポルトガル語やメキシカンスペイン語など、ラテン系の言語のボイスオーバー(音量を抑えた原語に翻訳された音声を重ねる手法)も入れることに取り組みました。

――確か13カ国語でしたか。

松田氏: そうですね。欧米系以外の言語のボイスオーバーを入れるかどうかは非常に重要でした。メキシコでもブラジルでも、現地で人気のある声優さんにお願いしました。

――中南米ではどこのプラットフォームが強いのですか?

松田氏: PS4もXbox Oneも強いと思います。両社とも力を入れて販売されていますね。欧米や日本に比べるとまだ小さい市場ですが、すごく重要な地域になると思います。ただ関税の問題もあって、ハードウエア自体が非常に高額なんですよね。

『Rise of the Tomb Raider』<br>対応:XboxOne、Windows、PlayStation4<br>発売日:XboxOne、Windows版 発売中/PlayStation4版 2016年ホリデーシーズン(北米・欧州)<br>(C)SQUARE ENIX, LTD, All Rights Reserved.
『Rise of the Tomb Raider』
対応:XboxOne、Windows、PlayStation4
発売日:XboxOne、Windows版 発売中/PlayStation4版 2016年ホリデーシーズン(北米・欧州)
(C)SQUARE ENIX, LTD, All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]
『ジャストコーズ 3』<br>対応:PlayStation4/Xbox One/Windows<br>発売日:発売中<br>価格:パッケージ版 7,800円+税/ダウンロード版 6,800円+税<br>(C)SQUARE ENIX, LTD, All Rights Reserved.
『ジャストコーズ 3』
対応:PlayStation4/Xbox One/Windows
発売日:発売中
価格:パッケージ版 7,800円+税/ダウンロード版 6,800円+税
(C)SQUARE ENIX, LTD, All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]