『モンスターハンター エクスプロア』が350万ダウンロードのヒット

――それ以外に、2015年で新たにトライされたことはありますか。

辻本: オンラインゲームで、PS4、PS3、PC向けに『ドラゴンズドグマ オンライン』を8月31日から新たに投入しました。基本プレイ無料(アイテム課金制)のフリー・トゥ・プレイなので試行錯誤を続けていますが、カプコンにとっては大きな試みと言えます。

『ドラゴンズドグマ オンライン』
『ドラゴンズドグマ オンライン』
(C) CAPCOM., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つが、ほぼ同時期にリリースしたスマートフォン向けアプリの『モンスターハンター エクスプロア』です。こちらは早々に350万ダウンロードを達成したのですが、カプコンがやる以上は、いかに家庭用の「モンスターハンター」と連動していくか、両方のユーザーを融合させるかが問われます。その意味では、『ドラゴンズドグマ オンライン』同様、こちらも試行錯誤の状態にあります。

――『モンスターハンター エクスプロア』の手応えはいかがですか。

辻本:  350万ダウンロードを突破したとはいえ、まだまだこれからだと思います。ただ、当社の場合は「モンスターハンターフェスタ」のようなイベントの場で『モンスターハンター エクスプロア』を体験していただくことが可能です。

 また、その会場ではアミューズメントカードゲーム機の『モンスターハンター スピリッツ』や、2016年に発売する「モンスターハンター」初のRPG(ロールプレイングゲーム)である『モンスターハンター ストーリーズ』も展開するなど、『モンスターハンタークロス』のユーザーに他の「モンスターハンター」ブランドのゲームを遊んでもらえるように働きかけています。こうした施策を通じて、ユーザーのすそ野の拡大を図っていければと考えています。

 それ以外には、中国のテンセント社との協業で進めているPC用のオンラインゲーム『モンスターハンターオンライン』があります。こちらは2015年12月17日に正式サービスをスタートしたばかりですが、好調に推移しています。テンセント社も「モンスターハンター」への思い入れが強く、足かけ4~5年というかなりの時間とコストをかけて開発してきましたから、長く遊んでもらえるよう力を入れて展開してもらっています。

『モンスターハンター エクスプロア』
『モンスターハンター エクスプロア』
(C) CAPCOM 2015
[画像のクリックで拡大表示]
『モンスターハンターオンライン』
『モンスターハンターオンライン』
(C) 1998 - 2016 TENCENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) CAPCOM CO., LTD.2007.2016 ALL RIGHTS RESERVED.
[画像のクリックで拡大表示]