カプコンの大きな特徴は、息の長い“ミリオン級”の人気シリーズタイトルを多数抱えている点。しかし、シリーズはタイトル数を重ねるごとにファン層の年齢も上がってくる。放っておけば、当初想定していたユーザー層とのズレが生じ、ブランドを毀損する恐れもある。この問題を克服するには、既存のファン層の期待を満たしつつ、なおかつ当初想定した“若いターゲット”にもアピールしなければならない。

 そうした難しいテーマに挑みながら、2015年は『モンスターハンタークロス』で結果を出した。さらに課題だったモバイルコンテンツについてもヒットを飛ばし、飛躍のきっかけをつかみつつある。ここ数年力を入れてきた、コンテンツのインターネット配信も順調だ。国や地域を問わず、ファンの元にゲームを届けられる環境が整った今、新作『ストリートファイターV』で14カ国語に対応するなど、グローバル展開に拍車を掛ける。ゲーム産業の変革に、常に目を光らせているカプコンの辻本春弘社長(COO)に最近の動向、そして2016年の戦略について聞いた。 (聞き手/酒井康治=nikkei BPnet、写真/稲垣純也)

辻本春弘(つじもとはるひろ)
辻本春弘(つじもとはるひろ)
カプコン 代表取締役社長 最高執行責任者(COO)
1964年、大阪府生まれ。大学在学中よりアルバイトとしてカプコンで働き始め、機器の修理などの現場業務の経験を積む。1987年、大学卒業と同時にカプコンに入社。当時の新規事業だったアミューズメント施設運営事業の立ち上げに参加し、業界ナンバーワンの高収益ビジネスモデルの確立に貢献。1997年には取締役に就任し、以後は家庭用ゲームソフト事業の強化に注力。常務取締役(1999年~)、専務取締役(2001年~)を経て、2004年からは全社的構造改革の執行責任者として、コンシューマ用ゲームソフト事業の組織改革(開発・営業・マーケティングを一体化した組織への改革)、海外事業の拡大などに携わる。2006年に副社長執行役員となり事業全体を統括。2007年7月には創業者である父・辻本憲三(現、代表取締役会長最高経営責任者(CEO))から社長職を引き継ぎ、代表取締役社長 最高執行責任者(COO)に就任し、現在に至る
[画像のクリックで拡大表示]