eスポーツはあくまでもゲームの一側面

――『シャドウバース』の世界大会のお話が出ましたが、日本では2月にeスポーツの新団体「JeSU」が発足するなどeスポーツを本格的に盛り上げようという活動が始まっています。Cygamesはかねてより独自にゲーム大会を展開されてきましたが、このような動きは、御社の取り組みに影響がありますか?

木村氏: 『シャドウバース』はこれまでから単独でも大会を開催していますし、今年末には100万ドル(約1億1000万円)の高額賞金を賭けた「Shadowverse World Grand Prix 2018(仮)」も日本で開催する予定です。

 ただ、こうした国内の動きに足並みをそろえるのは悪いことではありませんし、JeSUとともに何かしらの取り組みは検討はしています。『シャドウバース』はたまたまシステムとして日本でのeスポーツ展開に関する諸問題をクリアできましたが、JeSUのライセンスはすべてのタイトルを網羅できるという点で、意味のあるものだと思います。

 eスポーツという流れに注目はしていますが、当社としてはそれに向けた専用タイトルを出すというより、大会以外でもどう遊んでいただけるのか、プレーヤーに喜んでいただけるのかを考えたいですね。eスポーツはあくまでもゲームの一側面でしかなくて、プレーヤーに楽しんでいただけるゲームを作るのが第一。その中にeスポーツにも対応できるものが出てくるだろうとは思っています。

新作と海外プロモが結実 「今年はCygamesの年になる」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]