『イナズマイレブン』新作はファンと一緒に作っている

――10周年を迎える『イナズマイレブン』は、今年9月に「大復活祭」というイベントを開催、10月にテレビアニメの新シリーズ『イナズマイレブン アレスの天秤』の放送が開始されます。アニメ放送の1年以上も前から、パイロットフィルム的な映像や日野社長も出演されている番組をL STUDIOからネット配信するという、これまでになかった試みをされています。

日野:  そうですね。ちょっと新しいアプローチでコンテンツを打ち出してみています。今のネット時代の1つの手法として、こういうやり方もやってみようということで。今は、配信番組をほぼ毎月やっていて、その中でお客さんと一緒にキャラクターをどうしようとか決めたりしているんですよ。ファンの方と一緒に作品作りをしているみたいな雰囲気です。反応がかなり熱いんですよ。例えば、2月の「イナズマイレブンとのバレンタイン2017」では、各キャラクターに送りたいチョコの写真をツイッターに投稿してもらうという企画を行いました。4451個の投稿があったのですが、1個1個手が込んでいて本当にすごいんです。

――大復活祭はどんなイベントになりそうですか?また、新作ゲームはどのようなものになりそうでしょうか?

日野:  まだ決まってない部分が多いのですが、何千人か集まれる会場で行いつつ、全国何カ所かの劇場でライブビューイングを見られるようにもするという感じになりそうです。新作ゲームの情報はまだはっきり話せないのですが、高品質のゲーム機でも出すということは先日の配信番組で言いました。その新作は、同時にスマートフォンでの展開も考えています。スマートフォンへの子供たちの憧れは、急速に強まっていると思います。

10月から放送開始予定の『イナズマイレブン アレスの天秤』<br>(C)LEVEL-5 Inc.
10月から放送開始予定の『イナズマイレブン アレスの天秤』
(C)LEVEL-5 Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

――小学生ぐらいの子供にとっても、早晩スマートフォンがメインのゲーム機ということでしょうか。

日野:  いや、それは何とも言えないですけど。ただ、スマートフォンは近い将来、子供が持つアイテムになるとは思います。