パソコンとアプリで同じゲームをプレーできる環境を提供する

――DMM GAMESの成り立ちを教えてください。

片岸憲一氏(以下、片岸氏): DMM.comのゲーム部門として2011年に産声を上げました。元々、プラットフォーマーとしてさまざまな事業展開をしていることもあり、ユーザー資産を生かしながらゲームを開発・供給していけると思い、立ち上げたのが経緯です。僕はゲーム畑の出身ではなく、ゲームの開発経験もなかった。そこでDMM.comならではの強みを生かすために、まずPCブラウザーゲームで新規タイトルを提供して、そこで評判の良かったタイトルをスマートフォンのアプリへ移植、同時に広告費をかけて大規模展開するケースが多いです。

――そうした戦略は事業立ち上げ当初から変わっていないのでしょうか?

片岸氏: はい。DMM GAMESの強みは、PCブラウザーとスマホでキャラクターやレベルなどゲームのステータスをデータ連動できること、それによってどのデバイスからでも同じゲームをプレーできることです。DMM GAMESストアはもちろん、App StoreやGoogle Playで展開しているタイトルにもデータ連動できるものがあります。このように複数デバイスで、同じゲームを展開していくのが私たちの基本的な戦略です。PCでの展開だけだと、どうしても接触率が低くなりがちですが、スマホでも展開することで、外出先ではスマホで手軽にプレー、家ではゆっくりPCでプレー、というライフスタイルを提供できています。その点はやはりデータ連動ができるDMM GAMESの強みだと思います。

――現在のPCブラウザーゲームとスマホゲームのユーザー人数の比率はどのぐらいですか?

片岸氏: PCブラウザーゲームがメーンの会社なので、約3対1でPCが多いですね。おかげさまで現在では人気IP(ゲームのタイトルやキャラクターなどの知的財産)タイトルやサードパーティータイトルも多数扱うようになり、プラットフォームホルダーとして成長を続けています。われわれが率先して外部の開発会社に投資して、PCブラウザーゲームのタイトルを続々と供給できるような仕組みを作っています。

PCゲームで生み、スマホに移植 DMM GAMESのヒット作り(画像)
[画像のクリックで拡大表示]