前回(関連記事「『“バズる”が大嫌い』 ケーブルバイト開発者が語るヒット秘話」)に引き続き、大ヒット中のiPhone用アクセサリー「ケーブルバイト」を手がけたドリームズの添谷徹社長に話を聞く。「ケーブルバイトのヒットによって社員がダメージを受けている」と話す、添谷社長の真意とは?

ドリームズ 添谷徹社長(左)。1959年生まれ。専門書籍の企画会社や玩具の販売代理店を経て、1992年にバンダイに入社。同社関連会社の取締役を退任後、ドリームズを設立。現在に至る
ドリームズ 添谷徹社長(左)。1959年生まれ。専門書籍の企画会社や玩具の販売代理店を経て、1992年にバンダイに入社。同社関連会社の取締役を退任後、ドリームズを設立。現在に至る
[画像のクリックで拡大表示]

社内からは「ダメ出し」続き。でも年間700万個のヒット

高橋晋平氏(以下、高橋): 商品開発はどのような流れで行っているんですか?

ドリームズ添谷徹社長(以下、添谷): ドリームズは工場での生産以外は一切アウトソーシングしていません。全て社内。開発のシステムも他社とは少し違っていて、アイデアが出てきて、それを企画にまとめるところから“言い出しっぺ”が最後まで担当する。言い出しっぺが営業の場合は企画へ持ち込んできて、企画のトップがある程度、骨子を描いてから1人の社員に振る。その社員が商品のデザインから最終パッケージ、取扱説明書まで全て担当するシステムです。

高橋: 企画を担当した社員が2Dの図面を引いたりもするんですよね? そんな話は聞いたことがないです。企画の担当、デザインの担当というように、分業しますよね。

添谷: このやり方は筋が通っていると思うんですよ。その商品のことを一番考えている人間が最後まで担当したほうがいい。分業にして、デザインは専門の人にお任せというやり方はどうなのかと思います。商品への思い入れはどこへいってしまうんだろうと。

高橋: 理屈ではそうかもしれませんが、実際にやるのはなかなか難しいと思います。ケーブルバイトも社員の発案から生まれたのですか?

「ケーブルバイト」
「ケーブルバイト」
[画像のクリックで拡大表示]

添谷: 発案は私ですが、担当したのは女性社員です。実は、企画の段階でみんなから「こんなものは売れないよ」と言われて、担当の社員はよく泣いていました。コンセプトがまとまって、粘土をこねて原型をつくって、それを見たみんなにダメ出しされて、泣いて。でも、ある程度できあがった原型を見て、私は売れるかもしれないと思ったんです。他の社員は相変わらず売れないと言いましたが、最後は正直に言うと、鶴の一声です。「やろう」と。

 ケーブルバイト発売の2日前に、担当していた社員が以前から予定していた手術のために入院。だから、彼女は発売を見届けていません。体調が回復して職場に戻ってきたら、大ヒット商品になっていたというわけです。入院中の彼女には、LINEでケーブルバイトの状況を送り続けていました。他の社員からも連絡がきていると思ったら、対応に追われてそれどころではなかったようです。

高橋: 「売れる」という確証はどの程度あったのでしょうか?

添谷: 100%ではないです。何となく売れるんじゃないかなと思ったんですよ。でも、結局1年間で国内500万個、ライセンスも含めると700万個も売れました。海外への出荷を含めると、もっと大きな数になります。玩具メーカー時代を含めても、こんなに売れた商品はありません。