素材の味と香りがしっかり味わえる

 実際に食べてみると、見た目ではムース食の存在は分からないが、食べるとそれぞれの素材の味と香りがしっかりと味わえる。見た目はシンプルでも、味が濃厚で深みのあるおいしさなのだ。ムース食には素材の味や栄養素が濃縮されているので、塩などの調味料をあまり使わなくてもしっかりした味があるという利点もあるという。

「鶏もも肉の香草パン粉焼き」。小松菜と青エンドウのムースにブイヨンを加えて裏ごしたグリーンソースは濃厚な素材のうまみが凝縮されている
「鶏もも肉の香草パン粉焼き」。小松菜と青エンドウのムースにブイヨンを加えて裏ごしたグリーンソースは濃厚な素材のうまみが凝縮されている
[画像のクリックで拡大表示]
クスクスにタコや黄ピーマンムースと赤ピーマンムース、トマトのゼリーを和えた「タコのタブレ」
クスクスにタコや黄ピーマンムースと赤ピーマンムース、トマトのゼリーを和えた「タコのタブレ」
[画像のクリックで拡大表示]
「ミートパイ」の具は鶏レバーと豚ひき肉に「やわらか豆腐ムース」を合わせてある。やわらかな口当たりとサクサクしたパイとの相性が良い
「ミートパイ」の具は鶏レバーと豚ひき肉に「やわらか豆腐ムース」を合わせてある。やわらかな口当たりとサクサクしたパイとの相性が良い
[画像のクリックで拡大表示]