2015年12月17日、日本初の「ムース食」を使った飲食店「ニューディッシュ ムース デリ&カフェ」が東京・銀座にオープンした。

「ニューディッシュ ムース デリ&カフェ」
「ニューディッシュ ムース デリ&カフェ」
(東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1F)は銀座4丁目交差点から徒歩2分、ガラス張りでひときわ目立つ。営業時間は平日11時半~22時、土日祝日は11時半~20時
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的にムースというと、デザートか前菜のイメージが強い。しかし、同店で使用されるのは、病院や介護福祉施設向け給食を提供する日清医療食品が開発した、かんだり飲み込んだりすることが困難な人向けの介護食。このカフェは同社のアンテナショップという位置づけだ。

 「かんだり飲み込んだりすることが困難な方々の食といえば、ミキサーで撹拌(かくはん)したものや刻み食が中心だった。撹拌したり刻んだりすると量が増えてしまい、特に少食の高齢者の方などは必要な栄養素を摂取しにくくなる。そこで少量でも必要量が摂取しやすいムース食を開発した」と語るのは、同社の山田英男常務。今回のアンテナショップではムース食の訴求とともに、食べた人の声などを集め、新しいムース食の開発につなげるのが狙いだという。

「ムース食」を使った日本初の飲食店、有名シェフ監修の味は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「ムース食」を使った日本初の飲食店、有名シェフ監修の味は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ムース食は、焼き魚風(鮭ムース)、トマトサラダ(トマトゼリー)など目にも楽しい工夫がされているのが特徴(写真は介護食で使われているもの)

“予約のとれないレストラン”オーナーシェフが監修

 同カフェではこのムース食をそのままの状態ではなく、ソースやサラダ、ひき肉に混ぜるなどして素材として提供する。

 例えば、「冷菜のタコのタブレ(クスクスを使ったサラダ)」には黄ピーマンムースと赤ピーマンムース、トマトのゼリーを砕いて和えてあり、「鶏もも肉の香草パン粉焼き」に添えられたグリーンソースには小松菜と青エンドウのムース食が使用されている、といった具合だ。

 料理を監修したのは、予約のとれないレストランとして知られる「レストランOGINO」のオーナーシェフ・荻野伸也氏。入院したときに病院食に興味を持ったのがきっかけだという。

ランチは主食メニューから1つ、冷菜メニュー、温菜メニューからそれぞれ2つずつ、好きなメニューをセレクトできる。プレートがドリンク付きで1200円、テイクアウトは1100円。写真はテイクアウトのランチボックス。メニューは週替わり
ランチは主食メニューから1つ、冷菜メニュー、温菜メニューからそれぞれ2つずつ、好きなメニューをセレクトできる。プレートがドリンク付きで1200円、テイクアウトは1100円。写真はテイクアウトのランチボックス。メニューは週替わり
[画像のクリックで拡大表示]