浅草で長年親しまれてきた「浅草東宝会館」「楽天地浅草ボウル」が、地上13階、地下2階の「東京楽天地浅草ビル」に生まれ変わった。2015年12月17日、その1階から4階にオープンしたのが、全国の地域の魅力が体験できる商業施設「まるごとにっぽん」。全4フロアに50店舗が出店している。

 運営するのは、約70年前から浅草を中心に映画興行や不動産業を営んできた東京楽天地(東京都墨田区)の子会社である「まるごとにっぽん」。「地方が衰退しつつある今、新しいモノ作りに挑戦している地方の方々を応援する場を作りたいと考えた。腕試しの場を提供することで、地方創生の足掛かりになれば」(まるごとにっぽんの小笠原功社長)という。かつて日本有数の興行街だった浅草六区地区に再び賑わいをもたらすことも、目的のひとつ。年間集客想定は372万人以上、年間売上額は30億円を想定している。

 同施設の最大の特徴は、初めて店を構えるテナントがなんと半数以上だということ。さらに東京初進出店も約8割を占めるが、その多くが「地方で1店舗のみ」「催事場やマルシェなどで不定期に販売していたのみ」という“知る人ぞ知る”店。いったいどんな顔ぶれがそろっているのか。オープン前の内覧会に足を運んだ。

東京楽天地浅草ビル1階から4階にオープンした、地方の魅力が体験できる新商業施設「まるごとにっぽん」。売り場面積は約3732平米(約1129坪)、店舗数は50店舗。営業時間は物販が10~20時、サービスが10~21時、レストランが11~23時
東京楽天地浅草ビル1階から4階にオープンした、地方の魅力が体験できる新商業施設「まるごとにっぽん」。売り場面積は約3732平米(約1129坪)、店舗数は50店舗。営業時間は物販が10~20時、サービスが10~21時、レストランが11~23時
[画像のクリックで拡大表示]
目玉は物販店が22店集まった1階の「にっぽんの食市場 楽市(らくいち)」
目玉は物販店が22店集まった1階の「にっぽんの食市場 楽市(らくいち)」
[画像のクリックで拡大表示]
愛媛県の果物を使ったジェラートとナチュラルジュース専門店「スマイル&スウィーツ」(1階)にはみかんジュースが出てくる蛇口がある
愛媛県の果物を使ったジェラートとナチュラルジュース専門店「スマイル&スウィーツ」(1階)にはみかんジュースが出てくる蛇口がある
[画像のクリックで拡大表示]
「KAMPO煎専堂」(2階)では悩みに合わせて選べる漢方煎薬全24種類を販売。全て店内の電子レンジで煎じ、その場で飲める
「KAMPO煎専堂」(2階)では悩みに合わせて選べる漢方煎薬全24種類を販売。全て店内の電子レンジで煎じ、その場で飲める
[画像のクリックで拡大表示]
「Fruveseel(フルベジール)」(1階)は国産のドライフルーツや野菜チップ、グラノーラを量り売りで販売。スイカ、柿など珍しいドライフルーツが多い
「Fruveseel(フルベジール)」(1階)は国産のドライフルーツや野菜チップ、グラノーラを量り売りで販売。スイカ、柿など珍しいドライフルーツが多い
[画像のクリックで拡大表示]
秋田の郷土料理・きりたんぽをアレンジした「KOMETANPO(こめたんぽ)」(1階)
秋田の郷土料理・きりたんぽをアレンジした「KOMETANPO(こめたんぽ)」(1階)
[画像のクリックで拡大表示]
大分県の特産品を集めた「おおいた温泉座」(2階)の店内には足湯コーナーがあり、ズボンやタイツのままビニール袋を履いて入ることも可能
大分県の特産品を集めた「おおいた温泉座」(2階)の店内には足湯コーナーがあり、ズボンやタイツのままビニール袋を履いて入ることも可能
[画像のクリックで拡大表示]