ミント水をかけるサウナやクールダウン用のウォームピラーも

 ドシー恵比寿の特徴は、なんといっても北欧式サウナを併設していることだろう。ホテルの3階が男性用、9階が女性用のサウナで、本場・フィンランドを手本に、熱したサウナストーンに客が水をかけて蒸気浴を楽しむ「ロウリュ」というタイプだ。温度設定は90度前後で、一般的なサウナより10度くらい高めだという。「サウナストーンにかける水に新鮮なミントの葉を入れているので、香りも一緒に楽しめる」(ナインアワーズ広報)。取材時には実際に熱したサウナストーンに水をかけるデモンストレーションが行われたが、一瞬でフロア中にミントの良い香りが漂った。

本場・フィンランドにならったサウナ「ロウリュ」。サウナの中心に熱したサウナストーンが置いてあり、水をかけて蒸気浴を楽しむという
本場・フィンランドにならったサウナ「ロウリュ」。サウナの中心に熱したサウナストーンが置いてあり、水をかけて蒸気浴を楽しむという
[画像のクリックで拡大表示]
サウナの広さは男女ともに同じで、広々としている
サウナの広さは男女ともに同じで、広々としている
[画像のクリックで拡大表示]
サウナストーンに水をかけるデモンストレーション。蒸気はあまり見えないが、ミントの香りがフロアに立ち込めていた
サウナストーンに水をかけるデモンストレーション。蒸気はあまり見えないが、ミントの香りがフロアに立ち込めていた
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的なサウナにあるような水風呂はなく、天井から柱状の水が流れてくる「ウォームピラー」を採用している。ウォームピラーは一般的に温浴効果やリラックス効果を得るために設置されているそうだが、同社はこれをサウナ後のクールダウン用に導入。15度、20度、25度、30度と、季節によって温度が替わる常温のそれぞれ5段階の水温に設定されたウォームピラーがあり、ベンチに座って頭から水を浴びられる。

15度、20度、25度、30度、常温(水道水自然温)に設定した5台のウォームピラーが設置されている
15度、20度、25度、30度、常温(水道水自然温)に設定した5台のウォームピラーが設置されている
[画像のクリックで拡大表示]
洗面台スペースもゆとりのある作り
洗面台スペースもゆとりのある作り
[画像のクリックで拡大表示]
シャワーブースも設置されている
シャワーブースも設置されている
[画像のクリックで拡大表示]
アメニティーは以前、玉の肌石鹸で限定生産されていた商品をドシー専用に復刻してもらったという。ロウリュ用の水と同様、ミントをベースにした清々しい香りが特徴
アメニティーは以前、玉の肌石鹸で限定生産されていた商品をドシー専用に復刻してもらったという。ロウリュ用の水と同様、ミントをベースにした清々しい香りが特徴
[画像のクリックで拡大表示]