2015年12月10日、「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」がグランドオープンした。西東京エリア初のららぽーととなる。

「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」は敷地面積約9万4000平米、店舗面積は約6万平米
「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」は敷地面積約9万4000平米、店舗面積は約6万平米
[画像のクリックで拡大表示]

 同施設はJR中央線の立川駅から多摩都市モノレールで2駅目の立飛駅と新設の連絡ブリッジで直結。三井不動産の石神裕之常務執行役員・商業施設本部長は「この広さを生かし、一度で全てがそろう“ワンストップショッピング”が楽しめる施設にしたい」と語った。

 店舗数は250。ワンストップを強調する通り、アパレル系は「マイケル・コース」「ユニクロ」「ZARA」「オールドネイビー」「GU」、雑貨系は「アクタス」「東急ハンズ」「ジョージズ」「フランフラン」、飲食では「エッグスンシングス」など、ショッピングモールで人気の施設をバランス良く集めた印象だ。

 同社では主な商圏を5km圏内に設定。「ファミリー層が多い一方、昼夜間人口比率(夜間人口100人当たりの昼間人口)も都内より高い。20~30代の女性の比率も高い」(三井不動産の小島浩史リージョナル事業部長)という。そこでファミリー層を中心に、20~30代の女性もターゲットに設定。「音楽」「文化」「子育て」を三つの柱にとしたとのこと。

立川駅北口そばの立川北駅から多摩都市モノレールで2駅目の立飛駅に直結。連絡ブリッジ(2階)から木立を抜けると、ステージを備えたイベント広場がある
立川駅北口そばの立川北駅から多摩都市モノレールで2駅目の立飛駅に直結。連絡ブリッジ(2階)から木立を抜けると、ステージを備えたイベント広場がある
[画像のクリックで拡大表示]
階段を下りると、子供が遊べる芝生広場を囲むようにテラス席を設けたレストランが広がっている
階段を下りると、子供が遊べる芝生広場を囲むようにテラス席を設けたレストランが広がっている
[画像のクリックで拡大表示]
東急ハンズがプロデュースしたブランド「Picaro(ピカロ)」は関東初出店。バッグ&ライフスタイルをテーマにした新業態で、手ごろな価格のデザイナーズグッズを多数そろえている
東急ハンズがプロデュースしたブランド「Picaro(ピカロ)」は関東初出店。バッグ&ライフスタイルをテーマにした新業態で、手ごろな価格のデザイナーズグッズを多数そろえている
[画像のクリックで拡大表示]
ベルギー生まれのインテリアショップ「OKAY」(3階)には温かみがあってちょっとユニークな家具が多い
ベルギー生まれのインテリアショップ「OKAY」(3階)には温かみがあってちょっとユニークな家具が多い
[画像のクリックで拡大表示]
地元立川に本社を置く「いなげや」が展開するスーパーマーケット「ブルーミングブルーミー」
地元立川に本社を置く「いなげや」が展開するスーパーマーケット「ブルーミングブルーミー」
[画像のクリックで拡大表示]
「ブルーミングブルーミー」初導入の総菜バイキング、サラダバー。30種類以上をそろえ、少量から買える
「ブルーミングブルーミー」初導入の総菜バイキング、サラダバー。30種類以上をそろえ、少量から買える
[画像のクリックで拡大表示]
2階中央部に設置された女性専用のスイートバスルームには、ソファに掛けて友人を待つことができる快適な待合室がある
2階中央部に設置された女性専用のスイートバスルームには、ソファに掛けて友人を待つことができる快適な待合室がある
[画像のクリックで拡大表示]