子育てファミリーに“至れり尽くせり”

 同施設の最大の特徴は、子育て中のファミリーに配慮したスペースや店舗が多いことだろう。ららぽーと自体が子育てファミリーに軸足を置いた展開をしており(関連記事:「大阪初のららぽーと、“子育てママ向けサービス”に仰天! フードコートに配膳係!?」)、同施設でもさまざまな店舗でユニークなサービスを展開している。

 例えば、「小さい子供がいてゆっくり外食を楽しめない」という両親のために、大型遊具と複合した飲食店が2店出店。「モグーン」(3階)は、離乳食用のメニューや副菜が選べるお子様ランチなどのキッズメニューが充実しているほか、光や音の演出で子供が遊べるスペースをカウンターテーブル前に広くとっている。親子三代で楽しめる本格ブッフェ「KidsBee」(3階)にも、バルーンプールなどの大型遊具が充実。3階のフードコートにもプレイエリアがあり、子供を近くで見守りながら食事ができる「ママ・パパダイニング」というエリアや、親子向けの小さなテーブルと椅子を設置した「キッズゾーン」、子供を床の上で遊ばせられる小あがり席もある。

 また「子供がいると自分のケアにまで手がまわらない」という母親のために、モグーンでは店内の個室で子供の様子をiPadで確認しながら、ボディケアが受けられるサービスを開始。2階のネイルサロン「ネイルズユニーク」では親子でネイルケアを楽しめる作りになっており、3階のカット専門店「QBハウス」も、店内で子供を遊ばせながらカットができるように工夫している。

「モグーン」の「離乳食 おかゆセット」(税込み470円)
「モグーン」の「離乳食 おかゆセット」(税込み470円)
[画像のクリックで拡大表示]
「モグーン」では大型遊具の前に食事ができるカウンターがある。光と音を使用した最新遊具が多く、お絵描きゾーンではタブレット端末で描いたイラストに声を入れて壁に飛ばすこともできる
「モグーン」では大型遊具の前に食事ができるカウンターがある。光と音を使用した最新遊具が多く、お絵描きゾーンではタブレット端末で描いたイラストに声を入れて壁に飛ばすこともできる
[画像のクリックで拡大表示]
店内の個室で子供の様子をiPadで確認しながら、「Re.Ra.Ku」のボディケアを受けられる
店内の個室で子供の様子をiPadで確認しながら、「Re.Ra.Ku」のボディケアを受けられる
[画像のクリックで拡大表示]
「ネイルズユニーク」ではキッズ用の席やパパ用の席も用意。家族でネイルケアを楽しめる
「ネイルズユニーク」ではキッズ用の席やパパ用の席も用意。家族でネイルケアを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
フードコートのキッズゾーンには子供向けのテーブルや椅子、洗面台が並ぶ
フードコートのキッズゾーンには子供向けのテーブルや椅子、洗面台が並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
タテゴトアザラシ「しろたん」の世界を表現した「しろたんフレンズ ミュージアム」(3階)。ジャングルジムや滑り台などで遊べるエリアも
タテゴトアザラシ「しろたん」の世界を表現した「しろたんフレンズ ミュージアム」(3階)。ジャングルジムや滑り台などで遊べるエリアも
[画像のクリックで拡大表示]