ヤマダ電機は2015年10月30日、東京駅八重洲口前に「Concept LABI TOKYO」をオープンした。最先端コンセプトの情報発信基地と位置づけられていて、地下1階から地上10階までの各フロアごとに異なるコンセプトを設け、法人・官公庁向け窓口を強化するなど、これまでのヤマダ電機にはない店舗作りが特徴だ。

東京駅八重洲中央口前にオープンした「Concept LABI TOKYO」
東京駅八重洲中央口前にオープンした「Concept LABI TOKYO」
[画像のクリックで拡大表示]
人気のロボット「Pepper」が6台配置され、フロア案内をしてくれる
人気のロボット「Pepper」が6台配置され、フロア案内をしてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

フロアごとにコンセプトを設定

 まず大きな特徴は、各フロアを「ステージ」と呼び、それぞれのコンセプトに沿ってメーカーが商品や使い方を提案していくスタイルの展示を行っていることだ。

 1階はアップルショップ。MacやiPhone、AppleWatchといったアップル製品が並んでいるのはもちろん、ヘッドホン、ドローン、スピーカー、活動量計など組み合わせて使える周辺機器も広いスペースをとって陳列されている。アップル製品だけでなく、それを中心にした使い方の提案もしていくのが狙いだ。

店舗の顔とも言える1階はアップルショップになっている
店舗の顔とも言える1階はアップルショップになっている
[画像のクリックで拡大表示]
ヘッドホンなどはその場で試せる
ヘッドホンなどはその場で試せる
[画像のクリックで拡大表示]
ラジコンやドローンも
ラジコンやドローンも
[画像のクリックで拡大表示]
DTM用機器なども試せる
DTM用機器なども試せる
[画像のクリックで拡大表示]

 2階は携帯電話を中心にしたモバイル機器のフロアだ。中央のカウンターを取り囲むように各携帯電話キャリアのブースが配置されている。携帯電話とアクセサリー類だけでなく、ウェアラブルコーナーとして活動量計などのコーナーもある。

値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
2階の携帯電話フロアには、スマートフォンと組み合わせて使うウェアラブル機器などのコーナーが設けてある

 3階はソニーとパナソニックの専門フロアだ。フロアを中央で分け、半分はソニーのテレビ、AV機器、カメラなどが並び、その反対側にはパナソニックのテレビ、AV機器、カメラなどが並ぶ。メーカー同士の競争を促すような配置になっていて、来店した客は両社のコンセプトを比べながら製品に触れられる。

値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
フロアの半分はソニーのテレビ、カメラ、ヘッドホンなどが並ぶ
値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
値札、POPはどこ? ヤマダ電機「Concept LABI TOKYO」はここが新しい(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーの反対側にはパナソニックのテレビ、オーディオ機器、レコーダー、ファクスなどが並ぶ
4階はテレビやオーディオなどAV機器のフロアだ。これまでヤマダ電機ではあまり取り扱っていなかった、海外ブランドの高級ヘッドホンなどもある
4階はテレビやオーディオなどAV機器のフロアだ。これまでヤマダ電機ではあまり取り扱っていなかった、海外ブランドの高級ヘッドホンなどもある
[画像のクリックで拡大表示]